記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンうるるん滞在記

空からアリが降ってくる。
そりゃ雨みたいにザーザー降ってくるなんて事は無いけど、桜の花びらが散る様にチラホラとアリが降ってくる。
飴色をした日本ではあまり見かけないアリだ。
空を見上げると木の枝が伸びている。
きっと葉切りアリみたいな種類のアリなんだと思う。

外で立っているだけで、イヤ家のベッドに寝転がっていても、身体に何かが体当たりしてくる。
ハエだったり、蚊だったり、蛾だったり、私的にヤバイのだとゴキブリやカエルやヤモリなど様々な生き物が体にぶつかってくる。
ぶつかってくるのは、昆虫や両生類・爬虫類に限った事じゃない。
空からニワトリが降ってくる事もあるし、家の中でネコ4匹に追っかけられたり、家の近所で知らない家の犬3匹に囲まれ吠えられてる所を飼っている訳でも無いのに家の中を出入りしている犬が助けに入ってくれたり、幻獣民だけじゃなく色んな生き物とエキサイティングな暮らしをしている。
家の裏には豚が首輪をされて飼われていたけど、豚にはクビが無いのでスポッと抜けそうだ。
隣の家の庭には水牛みたいなのがいて、水牛2頭が追っかけっこすると地面が揺れる。

正直、フィリピンの都会なんて、日本と比較してしまえば、フィリピンのイメージの割りに都会と思うだけで、大した都会でも無いからそんなに魅力は無い。
だけども、私は田舎暮らしがしたい訳でも無い。
スギちゃんみたいに、ワイルドだろぉ?としたいわけじゃない。
思ったよりも自分が田舎のワイルドさに耐性があるんだと知れただけで、もうそれで十分だ。
田舎で暮らしてもいいけど、田舎の田舎では無く、田舎の街で暮らしたいと強く思う様になってきた。

それは、このブログの作成もそうだけど、携帯やiPadなど通信機器を使う上で電波が無いと、どうにも精神衛生上不便で仕方がない。
近所で1番電波のつながりやすい場所が、冒頭のアリが降ってくる場所だ。
アリを払いながら、アリがチラホラと降ってくる場所に佇まないといけないのだ。
そこは田んぼに水をひく農業用水路と田んぼとの間。
いわゆるあぜ道だ。
なんか、だんだん、世界うるるん滞在記を個人的に体験している気がしてきた。
ここには長く滞在してはいけない。
私自身が幻獣民化ナイズしていく。

今日は何故私が行く必要があるのか、近所の寄り合いというか会合に呼ばれた。
男は私も含めて3人、あとは近所のババーが10人くらいいる。
年齢にして40を超えたあたりから、人の形をしたババーは少なくなってくる。
おっぱいよりも腹周りが小さい女は希少な存在になってくる。
今日集まっていたババーの中で、おっぱいよりも腹周りが小さい女はアパートの同居人マリザさんだけだ。
単純に10分の1という確率になってくる。

その寄り合いというか会合だが、当然ペラペーラと幻獣民同士で、ゴキブリが触覚を触りあってコミュニケーションを取るかのごとく、タガログ語で四方八方から話すので、95パーセントは言っている意味が分からない。
残りの5パーセントで、部外者の私が呼ばれた理由が分かった。
どうやらビジネスの話をしていた。
日本人=金持ち
そんなイメージから、私を寄り合いの仲間に入れたのだろう。
ただ、残念ながら、そんなイメージなんて吹っ飛ばすほどに、幻獣民より私はカネを持っていない。
SMデパートなどに出店しているのでお馴染みのSHIOMAI屋さんを24万ペソでフランチャイズ出来るぞ!みたいな話をされた。
日本円にして約60万円で天下のSMという好立地で商売が出来るんだと熱弁をされる。

何言ってんだ。クソババー、あんなクソマズいシュウマイ売れっかよ! オメーがやれよ!!

と言いたいとこだけど、そんな素敵な文句を言い返せるほどタガログ語は堪能では無いので、ニコニコしてその場を退散した。
ババー達は、日本人の私を捕まえて、粉のグリーンティーを、コレは体に良いんだなどと売りつけようとしてみたり、見境なく営業をしてきたが、何せ私の全財産は既に1万円しかない。

田舎だからなのか、ババーだからなのか、フィリピン人だからなのか、その全てだからなのか知らないけど、節操ない攻撃だった。
さんざん一生懸命に営業トークをしたババーに一言。
ヒンディコ ナインティディハン (ワタシ リカイ デキマセン)

せめてキレイなお姉さんに色仕掛けとかされれば、無い袖をどうやって振ろうかと思案するんだろうけど、まぁまぁ立派な腹周りをしている私を遥かに凌ぐ、ティティがついていない以外は既にオンナのカタチをしていない生き物に何か言われたって、愛想笑いをしてやるのが精一杯だ。
だいたい、SMに出店している全ての飲食店、ロケーション以外にはどこの店だろうと魅力は無い。

田舎暮らしのデメリットを痛烈に感じた1日でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは😃

こんにちは〜
やはり マリザさんの様な
マガンダは田舎にはいませんか〜
私もフィリピンの田舎に住みたいですが、
wifiとインターネットが無いと、夜が退屈しますよね〜

No title

フィリピンのネット事情は地域よってかなり違いますよね。私のパートナーの田舎はラグナですが日によって電波状態が違います。特に雨の日は悪いです。ワランペラさんと同じように外では繋がりますが屋内は繋がらないです。フィリピンの田舎生活は色々と不便なことも多いですが頑張ってください。ブログの更新を楽しみにしています。

ダメもと

それなりにこの国に居ますがそれでも理解不能な事の中に「ダメで元々」の意識です。 他人の財産を使う事に対しての提案や支援の要望には全く「羞恥心」がない様に感じますね。此方が「厚かましくない?」というと反対に「何故に怒るのか?言ってみただけ!本当に欲しいのでは無い。」と逆ギレが当たり前。でもこれは基本的に外国人や来訪者にしか当てはまらないかもしれませんが。自分には今でも「普通」にこんな話は他人から聞きます。

Re: No title

>ただの様 コメありがとうございます。家の中も外みたいなもんですけどねw

Re: ダメもと

>ちょっと様 コメありです。そういうのありますね。私も基本的に真に受けない様に意識してます。自分の事でも他人事みたいに考えていないと、腹がたって仕方ないですからね。

Re: こんにちは😃

>おちゃん様 コメありです。マリザさんの娘さんはどうですか? まだ高校生ですけどw

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
94位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。