記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜のバクラーランは何も起きなくたって刺激的!

「ビューティフルガール 、マガンダ、ボインボイン、イッパイ!」

暗闇で急に声をかけられる。
声をかけてきたジジーに一瞥をくれてみたが、まるでフェラを気持ち良くする為にヤクザに歯を抜かれた娼婦の様に、前面の歯は抜け落ちている。
決して笑っていない目をした歯無しジジーにスマイルをもらっても鳥肌が立つだけだ。

それにしても暗闇の中、小走りに近い早歩きをしているのに、幻獣民化している私を一発で日本人と見破るとは…
チャイナとコリアンが日本人の何倍もいるフィリピンで、少数派の東アジア人を見破れるジジーは、ただもんじゃない。
私だってフィリピンで道を行き交う東アジア人が、一体どこの国の人であるのかを判別するのは、ひとことでも言葉を発してもらわなければ不可能だ。

22:00を過ぎて到着したバクラーラン。

お日様が出ている時間、身動きが取れないほどに人がゴッタ返していていも、十分すぎるほどに怪しいバクラーランの街。
日が落ち暗闇の中、裸電球が市場の明るさを支えている雰囲気は、一層にその怪しさを倍増させる。
通りを行き交う人の歩くスピードは、昼間とは比較にならないほどで、みな小走りに近い早歩きに感じる。
そこに巣食う魔物の様に、商売をしている幻獣民やその子供達がスローな時の流れを醸し出している。
そのスピードのギャップは、まるで裸電球の明かりに付い寄せられバタバタと羽音を響かせている虫と、糸を張り巡らせ獲物がかかるのをジッと待つクモの様だ。

バクラーランは交通の要所。
様々な町へと行くバスが出発し、ありらこちらの行き先が書いてあるジープが通りを行き交う。
MRTやLRTといった電車の始発駅であり終着駅だ。
日本で例えるなら上野。

私は20代後半に上野でキャバクラを経営していた。
飲み屋が立ち並ぶ上野仲町通りという繁華街に毎夜立ち続け、自店への客引きをしていた。
毎晩の様に恐ろしい場面を見ていた。
ボディコンに身を包んだ中国オンナを吸い付く様に頬を舐め回す泥酔オヤジ。
されるがままにケツや胸を触らせてくれる中国オンナに抱きかかえられる様に小さな店へと消えていく。
泥酔エロオヤジを回収した中国オンナは、辺りをさっと見回した後に勢いよくシャッターをガシャンと閉める。
1時間もしない内にまたシャッターが開くが、中国人男性に抱えられ抜け殻になった泥酔オヤジはゴミ捨て場でゴミ袋を抱える様な体勢にさせられ捨てられる。
翌早朝、ゴミ回収のスタッフに移動するよう声をけられるまでは、意識が宇宙空間にあるかの様に、ゴミと同化している。
そんな風に生ゴミとして捨てらるジジーは、毎夜何体もあった。
それはタガメに捕らえられ体液を吸い取られたメダカの様だった。
酒のニオイ、ゲロのニオイ、中国オンナの香水のニオイ、抱きついてた生ゴミのニオイをブレンドさせ、わずか一晩で見事なまでにコジキの香ばしさを作りあげている以外には、何もかもを全て失っているエロオヤジ達。
それが上野で飲み屋を思い出すと出てくる光景。

そんな思い出をフラッシュバックさせるように瞬時に思い出させてくれて、それをも超える怪しさと危険度を感じさせてくれる街バクラーラン。
私はそんな夜のバクラーランで暗闇の中、無駄に大きな音を響かせるエンジン音だけをたよりにジープに近づき、行き先を確認しなければならない。
小さな札に行き先を書いているのだけど、ただでさえ目が悪いのに街灯なんて無いので、行き先が全く見えない。

やべぇ、こんなところでジタバタしてたら、蜘蛛の巣に獲物が引っかかったと勘違いして、悪い幻獣民にとっ捕まって、強制的にフェスティバルに参加させられた挙句に生贄にされちまう。

私が乗るジープはZAPOTE(サポーテ)行き、英語のSUPPORT(サポート)と発音的に聞き分けられない街の名前だ。
聞き分けられないという事は言い分けられないということ。

私は外国人なので、タガログ語を話すと思われていない。
私がタガログ語を話して、幻獣民が英語で返してくる場面は、日常的に発生している。

動いているジープニーの運転手に、私のカタコトのタガログ語で、ささっと会話を済ませる能力までは持ち合わせていない。

それでも目が見えないのだからジープの運転手と並走しながら聞くしかない。

kuya sa zapote?(クヤー サ サポーテ?)
聞き方があってるのかどうかは知らない。
まぁ、意味は通じるはずだ。

ア゛ッ ン?
と怒鳴ってるかの様な声で聞き返される。

勇気を出して、もう1度大きな声で聞いてみる。

だけども、不思議な顔をされただけで、メンドくさがる運転手はスピードを上げ、闇に消え去っていく。

何度かチャレンジしたものの、ただでさえカタコトなのに、ジープと並走してハァハァしていては、語尾を尻上がりにして疑問系に出来ない。

仕方ない。
歩いて帰るかと諦めた時、市場の僅かな明かりでZAPOTEと表記されたジープを発見。
きたぜ!来ZAP!!
飛び乗ったものの中は満席。
運転手は何かゴニョゴニョ言ってたけどシカトして出入り口にしがみつく。
しばらく走ると降りる乗客がいたので、ようやく座る事ができた。
行き先を言ってゼニを払うのだけど、私の住んでいる地域が、またややこしい地名だ。
pulang lupa プーラン ルパ
幻獣民の発音を聞いてもウーパールーパーにしか聞こえない。

幻獣民に意地悪されない様に、可愛い言葉づかいを心がけ、1回頭の中で予行練習をしてからクチにする。
bayad po バイェッド ポー
pulang lupa po プーラン ルパ ポー
bayadは支払う poをつけると丁寧語になる。

ア゛ッ ン?
と、ここでもまた怒鳴ってるかの様な声で聞き返される。

トラクターの様な音を捻り出すエンジン音で聞こえづらいのかも知れないが、私の場合必ずというほど聞き返される。

だいたい近くにいる心優しい幻獣民が、私の言いたい事を汲み取って、正しい発音で言い直してくれる。

sa pulang lupa daw
プーラン ルーパ だって!

こうして幻獣民化する修行は日々行われ、少しづつ鍛えられていく。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

バクララン

ありゃ、昨日9時半位にバクラランいました。入ってチョット歩いたらなんか溶接してつくってましたね。
まあ、あの程度の人なら少ないかもです。

Re: バクララン

>やまちゃん様 コメントありがとうございます。近所にブログ読んでくれてる人歩いてるんですね。なんだか楽しいです。

プーランルーパ

思いの外、近いです。
今いるところはC-5のマユニョウノのGSの所をSMから来て左に曲がってゲート過ぎてチョットいったあたりです。嫁さんの妹の所です。インファンタは嫁さんの実家で家族が沢山。行くとやはり大変(_ _).。o○

No title

疑問形は基本的に”ba”をつければOKですよ。
Pupunta ba (sa) Zapote.
で通じます。お試し下され

Re: プーランルーパ

>やまちゃん様 コメントありがとうございます。ご近所さんだったんですね。golden heavenと呼ばれる、場所の近くにアパートを借りてます。ヒマなので遊び来てくださいw

Re: No title

>Mike様 コメ連投ありです。おぅマルーノ! 私はセンテンスは未だ頭に浮かばないです。接続詞ゼロで、sa akinをようやく初の接続詞として習得しつつあるとこですw

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
65位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。