記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長文を書く人はバカだって言われたりするけど、気づいたら長文だった

珍しく、というか初かもしれないが、私と共に先導しない水先案内人マリザさんも、頭の中がビジネスモードになっている。
マリザさんは1日中ピコピコと携帯をいじって、ネットワークビジネスのセールスと勧誘をしていた。
その甲斐あってか、サプリメントを1錠10ペソ、たぶん1ヶ月分って事だと思うが30錠。
それを2種類、合計600ペソお買い上げ頂いていた。
原価が7ペソだか8ペソするので、1錠につき2〜3ペソしか利益が無いのだけど、それ以上の金額設定は現実的でないし、基本的に継続するものだから、輸送料を考えるとほぼ利益が無いけど仕方ないとこだろう。
合わせて、なんだか胡散臭い石鹸もオーダーされたそうだ。
素直で、真面目で、誠実だが、狡猾さは持ち合わせていないという人間性もあってか、マリザさんから色々と購入する人も多くいるし、リクルートにも反応しているようだ。
まぁネットワークと言っても貧乏人のネットワークの域を出ないだろうから、ネットワークビジネスでカネ持ちになるなんて夢は見てないけど、人とカネとモノを動かすって、なんか仕事してる気分になりそうでマリザさんの頑張ってる気分を満足させてくれるだろう。

上から目線で、先導しない水先案内人マリザさんの仕事ぶりを評価している私だが、頭は動いても身体は動かさない、典型的なダメな男として今日も過ごした。
唯一評価出来るのは、昼メシを作ってやった事くらいだろう。
今日はカッペリーニ、細いスパゲッティをハムやトマト、きゅうり、ツナ、コーンなどを入れて、マヨネーズであえパスタサラダにしてみた。
無駄にオイルを摂取しないように、それでいてマヨネーズも極限まで少なく調理したので、水分をパスタが吸ってモタモタする食感だ。
まぁ、そうなるわな。
って感じだけど、美味しい物は不健康なのだから仕方ない。
ガスが止まってるので、隣の家でパスタだけ茹でさせてもらった。
隣の家は大家の娘夫婦が住んでいて、決して仲悪くないのだけど、挨拶を交わさないくらいに交流が無い。
挨拶もロクに出来ない人間の私にとって好都合の隣人だ。

さて、いちおう何もしていない私でも、頭の中はビジネスモードになっている。
何を作って売ろうかとアレやコレや考えるのは至福の時ではあるのだけど、このブログを見ている人からもアレがいい、コレがいいと提案をしてもらっている。
類は類を呼ぶというけど、ヤッパリ新しく何かを始める時、どうやって客を捕まえてカネを作ろうかと考えるのは、楽しく感じる人が多いのだなぁと実感。
それがまた、お祭りに屋台をだすような、文化祭の催しものをやるような感覚だから、楽しさも数段アップする。

今の段階では、お店を借りたりするのか、マリザさんの親戚がやってる店を少々間借りさせてもらうのか、一体どういうスタイルになるのかも決定していない。
そして、現場では、どんな店があって、どんな店が流行っていて、相場がどんなもので、っていう情報が以前にインファンタ行った時の記憶しか無い。
事件は会議室で起こっているんじゃない!現場で起きている!!
なので、現場をリサーチしないと、遠く離れた場所で考えても仕方ないのだけど、のんきに時が過ぎていけば、その分軍資金は減っていく。
可能性もどんどん狭まってしまうので、お店をスタートできるロケーションを確保したら、さっさと営業を開始しなければならない。
幸い、100ペソshopで売れ残っている商品が、まだ数百点ある。
スペースさえあれば、お店を始める事は出来る。
今日はこの100ペソshopの値段設定について、先導しない水先案内人マリザさんとディスカッションをした。
マリザさん曰く、マニラ以上に価格設定が低い地域のインファンタでは、100ペソで売れないと思われるから、価格設定を見直してはどうか?という提案があった。
売れないで在庫として抱えるよりも、モトを回収した方が良いのでは無いかというご意見だ。
売れないモノをぶら下げていても、たしかに仕方がない。

ただ、私の考えとしては、二束三文で売れても困るという事情がある。
売れたら売れたで、商品を補充しなければならない。
いつまでかは分からないけど、もしかしたら長い期間、日本に戻らないかもしれないわけで、定期的に商品を補充出来ないのならば、ディスプレイ代わりにぶら下げておいて、ジャパンブランドとして強気な価格設定のままで価値をハナから下げない方が良いんじゃないかと返答した。
たしかに44ペソで仕入れた物を100ペソで売っているわけで、日本円なら100円ショップの商品を227円で売っているのだから、日本でだって売れるわけが無い。
それを物価が安いフィリピンで売ろうっていうんだから、マリザさんの言う通り、皆がクチを揃えて高いというに決まっている。
ただ、実際に100ペソで、このフィリピンで100点を超える販売実績がある。
あえて安くして、たくさん売って、次はいったい何時に商品入荷するんだと、せっつかれる場面を作る必要が無いんじゃないかと思う。
売りたくなったら割引すれば良いだけの話し。
最初から価格設定を下げたら値下げは不可能になってしまう。

だいたい、100円shopの商品を売って、メシを食っていこうという気は、さらさら無い。
メシ食ったついでにのぞいているうちに、たまに衝動買いする人がいてくれれば、その程度で構わない。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


何せ日本人のクセにカネを持っていない私としては、英語・タガログ語が不自由などハンデしかないわけで、自分の価値を保つ為の生命線がジャパンブランド。
そこを安売りしてしまうと、チャイニーズやコリアンと何ら変わらなくなってしまう。
何も持っていない私の武器は、言葉を発さずとも相手に感じさせるハッタリと虚勢だけ。
それを実現するには、アジアNo.1の威光を借りるほかない。
親の七光りを利用するボンクラ息子の気分だけど、幻獣民が持ち合わせていない一手間と一工夫で付加価値をつけ勝負していこう。

可能であれば、異国のテイストを味わえるトロトロみたいのをやってみたいなぁとイメージしている。
日本の家庭で作る普通のカレーが売れたら楽しそうだなぁとか
※計算するとカレールーが高いので1食あたり30ペソくらいは原価がかかってしまう
フォークでそうめんを食ってる姿見てみたいなぁとか
※そうめんも値段的に商売には向かなそう
野菜炒めはフィリピンでチャプスイくらいしか見た事ないけど、焼肉定食みたいな味付けや生姜焼きとか、普通の野菜炒めとか、売れんじゃねーかなぁとかって考えてる。
自分の美味しいと、フィリピン人の美味しいの違いの好奇心を満たしたい。
そして、一生日本に行く事が無いであろう多くの幻獣民に、ジャパンテイストを知ってもらいたい。
ただ、多くを日本製品で揃えたら、高級なメシになってしまうのも事実。
地産地消(地域生産・地域消費)という言葉が日本にあるのならば、その精神で庶民価格で実現出来る工夫をして、幻獣民の舌を唸らせてやりたい。
唐揚げ1個をおかずに白米をこれでもかと手で食らう幻獣民相手なので、味にはうるさくなくても価格にはシビアなのだろう。
ただ、マカティでは800ペソのブッフェに列をなして人が並んでいるわけで、でもそれはマカティに住む中流階級だから可能なわけで、という微妙なバランス感覚が試されそうだ。

トロトロはもし可能ならという感じなので、ひとまず置いといて、スペースを取らずに売上る事が出来る、食べ歩き可能なMerienda・メリエンダをどうするかに焦点を絞らないといけない。
主力商品は、斬新なモノじゃなく、慣れしたんでいるものがいいに決まっている。
攻めで定評のあるガリガリ君だって、ナポリタン味やコーンポタージュ味から販売開始したわけじゃない。
そんな大した装備が必要なくて、フィリピン人なら食べた事がある焼き菓子や蒸しパンなどを売れたら良いかなと思っている。
そこから次の展開として、たこ焼きだったり、じゃがバターだったりを始める流れにしたいと思っている。
私の短いフィリピン滞在の知識では、ハロハロとブコアイス、あとはフィリピンらしさを感じないけどチュロスくらいしか思いつかない。
ただ、今あげた商品だと、ちょっと商品にパワーが無さ過ぎる気がする。

フィリピンっぽいクラシックなお菓子と言えば、BISCOCHOビスコッチョ、SILVANUSシルバナス、BIBINGKAビビンカなどだけど、ちょっと見た事がある程度で、味も知らなければレシピも分からず、一体どれくらいの原価がかかるのかや、設備も想像つかず、ちょっとしたパン屋でも置いている類の物なのか、その1品だけでも勝負出来そうなものなのかも想像つかない。
ただ、ウベなども含めて、イモや粉系のパンや菓子で、原価が安く、売値も安く、多くの人が買いにきてくれる商品を主力にしたい。
客さえいれば、別の商品も売りやすくなるはず。

それにしても、自分が知りもしない物を主力商品にしようと考えるなんて、けっこう難解なミッションな気がする。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

健康サンダル

以前カタナワンで健康サンダルを80ペソで売ったら思いの外売れたと言う話しを聞きました。まあ、薄利多売だったそうですが(^ ^)

Re: 健康サンダル

>やまちゃん様 コメ連投ありがとうございます。フィリピン人は日本人より足の裏の皮が厚そうですから気持ち良いのかもしれないですね。私は健康サンダル、足の裏が痛くて頭まで痛くなりますw

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
77位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。