記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コジキの流儀】何も持っていないが武器!

フィリピンにおけるコジキは、道端や歩道橋に座り、年寄り、子供、障害者など自分が弱者であるアピールポイントを前面に出して、当然の顔をして黙って手を差し出す。

オマエら、カワイソウな人には、施してやるものと教えられているだろう!?

と手を差し出す顔には書いてある。

もちろん、私はフィリピンで生まれ育っていないし、クリスチャンでも無いから、カワイソウと思ってもらいたいならカワイソウな顔をするものだと思うので、同情の心は芽生えない。

でも、彼らはその施しで実際に生きていたりするので、ギリギリに生きれるくらいのカネにはなるのだろう。

以前に、小銭をせびるガキが抱き抱えていたコインを入れたカンからは、大量のコインが入っているであろうと思われる音をガチャガチャとさせていた。

ジープの客寄せなんかより、もしかしたらいいカネになっているのかもしれない。

さて、私はフィリピンにおける常識を知らない外国人だ。
フィリピン人と同じ感情を抱く事もできない。
現金という財産はもちろん、動産・不動産も持ち合わせていない。
知的財産と思える様な知力や、特殊なアイデアを生みだせる訳でもない。
無い無いづくしだけど、さらに言葉が話せないコミュニケーション能力のハンデさえ持っている。
あるのは、フィリピンに連れてきてしまったワンちゃんだけ。

自国にいたとしても家族など誰かしらのチカラを借りなければ、自力だけの生活が困難な状況だけども、外国にいるのならばなおさら自力での生活は不可能だ。

そういう意味で私は完全にコシキだ。

今現在、雨風をしのげる寝床があり、3度3度のメシを食い、それ以外にオヤツを食べ、iPhoneやiPadを持ち歩き、4GのWIFIで通信機器を操作しているけども、コジキという認識が自分にある。

何をもってコジキと定義するのかは、私も詳細を知らないのだけど、収入源を持たずに他人の施しで生活する人間をコジキと呼ぶのだと思っている。

だから、私は、今現在フィリピンでコジキなのだ。

今現在と書いたが、今現在だけじゃない、日本を飛び出す時に持ってきたカネが尽きた瞬間から、他人の施しで命を繋いでいる。

フィリピンにいるけども、私はフィリピン人では無いので、フィリピンSTYLEとは違う、私流のコジキとしての流儀をちょっと記してみようかなと思う。

コジキのクセに偉そうに書いている。
コジキである事を特別誇りに感じてはモチロン無いのだけど、なにかを持っているのはモチロン能力だけど、逆に何も持っていないというのも能力と考えている。
能力やカネを持っている者はそれが武器。
何も持っていない者は、何も持っていないを武器とするしかない。
マイナスやハンデはあるけども、プラスは持っていない。
だけども偉そうに、あたかもそれが極意かの様に記してみる。

カネも能力も無いのであれば、カネは誰か稼ぐ能力がある者に稼いでもらうしかない。
能力は、能力がある者に、その能力をお借りするしかない。
他人が稼いだカネを気持ちよく提供してもらい、他人が持つ能力を気持ち良くお貸し頂く、これが出来なければコジキは成立しない。

人の哀れみなんて受けれるかよ!
っていう人間に、コジキは務まらない。
他人様に見られて恥ずかしい部分、知られたくない部分を曝け出さなければ、立派なコジキにはなれない。
自分の都合良い情報だけをオープンにして、肝心要のキモの部分をオープンにしないなんて、インチキな情報商材の宣伝と一緒だ。
まぁ、私が立派なコジキになれているのかは、まだまだコジキ歴が浅いので疑問も残るけど、コジキなので立派で無くても良いかもしれない。

話を戻すけど、他人が稼いだカネや、他人が持つ能力を気持ち良く提供してもらうというのが、すごく大事な部分だ。

例えば、ちょっと生活に困っているのだけど、助けてもらえないかと、年老いた年金暮らしの親にカネをせびったとする。
いつも世話してもらって、助けてもらっているんだから、遠慮しないで言いなさい。
と親が言ってくれたならば、気持ち良く親がカネを提供しているのだから、何も問題は発生しない。

ババー!カネ寄越せ!と蹴り飛ばす勢いでカネを巻き上げたなら、それはただの恐喝だ。

私の話しで言うならば、日々の主な収入は、マリザさんが何かしらを売って、そのカネでゴハンを食べたり、オヤツを食べている。
タガログ語が出来ない私は、カネを扱うという最もシビアな場面を担当する事が難しいので、私が幻獣民に物を売り歩く事は現実的では無い。
私がやる事は、アレやコレやと思いつくままに売る商品を仕入れようとするマリザさんをコントロールする部分にある。
この服は可愛い♫ とか、この値段のアクセサリーは安いと思う!
など、直感的に本能的に仕入れに動く。
先日買ったビーチサンダルも、抑えに抑えさせて20足の購入になったけど、靴屋をやるかの様な勢いで100足でも200足でもカネのある限りに買おうとしたし、シューズも買おうなんて言い出していた。
頭ごなしに否定すれば、売りたい!と思う情熱を消してしまい、もしかしたら上手く発展するかもしれない可能性を潰す事になる。

私は商品を売る能力を持っていない人間だ。
だからこそ、売れない商品をたくさん入荷させてはいけない。
でも売る品物が無ければ、入ってくるカネも無くなってしまう。
もし、マリザさんの直感通りに仕入れをしていれば、莫大な在庫を抱えていた事だろう。
ただ、リスクは背負わなきゃいけない。
最低限のリスクよりも、もうちょっと高いリスクを背負う必要がある。
ケツに火がついて、頑張るって事だってある。
最低限のリスクじゃぁ、ケツに火がつかない。
だから、最低限より、ちょっと高いリスクをとらなきゃいけない。

カネも無ければ、能力も無いという人が、普通に何かしらを持っている人と戦うならば、失う物が無い強みを活かして、捨て身で戦うしかない。
かと言って、理屈ではなく、本能と直感で生きているフィリピン人の言うがままに生きていたら、わずかばかりの全財産はイリュージョンの様に消えていく。
特にオンナは理屈じゃない。
だからなのか、直感的で爆発的な能力を時に発揮したりする。
もし、ビーチサンダルをたくさん仕入れて売れなかった場合、次の商材を仕入れる機会を失ってしまう。
直感的な爆発的な能力を発揮するかもしれない機会を数多く作ってあげるのが私の仕事だ。
チャンスさえ数あれば、いつか爆発的なヒットをさせる事が出来るかもしれない。
自分がやりたい仕事をやってもらって、気持ち良くお金を稼いでもらう。
私はそのカネでメシを食わせてもらう。

私のコジキの流儀とは、気持ちよく持っているチカラを使って頂くもの。
マリザさんだけでは無く、多くのフィリピン人のチカラを借りた方が、人脈がモノを言うフィリピンでは、何事も有利に働くに決まっている。
フィリピンにいると、親戚や知人などを紹介してもらうケースが多々ある。
ハーイと言って握手しとけば、一般的には十分な挨拶なのだが、私の考えるコジキの流儀としては不十分な挨拶だ。

コジキの流儀として、特に家族や親戚などに対しては印象操作をしたい。
まずは最低限、嫌われたら、何もチカラを貸してもらえない。
嫌われないのが第1だ。
次にせっかく知り合ったのだから、相手に印象を残さなけれならない。
さらにその残る印象は、良い印象でなければならない。
良い印象を残す方法は世界共通だろう。
まずはニコニコする。
そして、フィリピンという国、相手の人をリスペクトしていると思わせる。
私が誰かに紹介してもらったフィリピン人に言う挨拶はいつも同じ。
イキナガ ガラキタ マキララ
シィ アキラ
ナイス トゥ ミー チュー ポー
タガログ語で、初めましてと伝えて、自分の名前を言う。
更に相手は外人がタガログ語を話すとは思っていないので、私の発音が悪く伝わり辛かったとしても、初めましてと言ったのが分かってもらえるように、再度英語で初めましてと伝えて、最後にポーを付け加えてあげる。
フィリピンという国をリスペクトし、相手をリスペクトしているのが挨拶だけで伝えられる。
フィリピンで言うとこのパベベ(ブリっこ)なのだけど、格好つけで世話好きの多いフィリピン人は、瞬時にフトコロに入れてくれる。
その場の状況にもよるが、音楽に合わせて腰を振って踊り、タガイタガイと酒を酌み交わし、下ネタの1つでも言っておけば、手が痛くなるほどハイタッチを連発してくれる。

私は、どちらかと言えば、酒を飲んでたって難しい顔している様な、つまらないタイプの人間だ。
知らない人と酒飲みながら、ゲラゲラ笑ったり、皆の前で踊ってみたり、歌ってみたり、そういう事をするのが苦痛なタイプだ。
だけども、多くの人に好かれなくては、何も持っていない人間として生きる術がない。
もちろん、資本主義というか拝金主義のフィリピンにおいて、圧倒的な資金力というパワーで勝負するならば、全てはカネというチカラ技で押さえつければいい。

ただ、そんなカネがものを言わす国において、コジキがはびこるこの国において、外国人なのにカネを持たずに、何の能力も持たずに生きるのならば、コジキの流儀を確立しなければならない。
フィリピン人のコジキと同じ様に手を伸ばしても、誰もコインを手にはいれてくれないのだから。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
94位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。