記事一覧

知っても得しないタガログ語講座など

先日掲載したタガログ語初心者によるタガログ語初心者の為のタガログ語講座は、特に好評でも不評でも無かったのだけど、マコリット(しつこい)に、もう1回やってみようかと。
ちなみに、電波が非常に悪い関係で、正しい、正しくないの確認作業をコチラでは行えません。
詳細な判定は、電波環境の良い皆様が各自で行って下さい。

さて、知っても得しないタガログ語講座ですが、今回は何となく私がオモシロイと思ったタガログ語です。
英語が第2公用語となっているフィリピンですが、そんなの英語で良いんじゃない? と思う様なのもタガログ語があったりします。
例えばクルマ。
タガログ語でササキアン。
初めて聞いた時に、暮らし安心ササキアン(クラシアン)みたいって、つい思ったりしました。
っていうか、CAR、カーで良いんじゃないかとも思ったりするのですが、英語の発音が全くダメな私はカーが通じなかったりする事もあるので、ササキアンを覚えて重宝しています。
このササキアンと相通ずる部分があるのがウポアン、イス、chairです。
最初聞いた時は、うぽ庵?
斬新なそば屋の名前かと思ったりもしました。
ウポは座るって意味なんですけど「どうぞ座って下さい」って言う時は、ウポ ポ カヨと言います。
私は、さまぁ〜ずのツッコミみたいに覚えました。
逆に立って下さいと言う時は、タヨ ポ カヨ。
なんかカタカナだと人の名前にも見えますね。
タヨが、立つ、スタンダップになるんですけど、隣にいる人などに一緒に立ち上がりましょうという機会があれば、タヨ ポ タヨと、なんだかややこしくなります。
ややこしいと言えば、フィリピンで良く使う言葉に、lang(ラン)という言葉があります。
1つだけ なんて言う時にイサ ランと言うのですけど、最近langがショートカットされている言葉と知りました。
lamang(ラマン)がショートカットされて、lang(ラン)なのだそうです。
っで、何がややこしいかというと、lamangは最後にGが付いているのだけど、Gが付かないlaman(ラマン)だと肉体みたいな感じの意味になります。
何が食べたい?と聞かれて、ラマンって答えると、マジメな人だとバストス(無礼)だと怒るかもしれません。
この語尾につくGなど、日本人の私には永遠に聞き取れないんじゃないかって言うのが、かなり厄介なんです。
雨(ウラン)とおかず(ウラン)、これも語尾がNかMかって違いだったり、アルファベットの発音の違いを聞き分けられない私には、難解だったりします。
でも、フィリピン人はNとMを聞き分けるので、空を見てウウラン(雨が降ってきた)と言ったつもりが、おっおかず…となるので、どんだけ食いしん坊なんだ!となってしまうわけです。
今日テレビの2ちゃんねる(ネットの掲示板でも無ければ、ホテルのアダルトチャンネルでもないです)で、ドラえもんがやっていました。
吹き替えだったのですけど、ドラえもんは、どりえもんと呼ばれていました。
ドラえもんのタガログ名は、どりえもんみたいです。
これっぽっちもタメにならないタガログ語講座は如何でしたでしょう?
次回の予定は今のとこ無いです。

ところで、ようやく私の日焼けがほんのり痛みが治まってきた。
一時は横になって寝る事さえ、シーツに触れると痛くて出来なかった。
まるで、子供の時にテレビで見た映画エレファントマンのようだ。
まだ私が10歳くらいの頃に見た映画なので記憶は曖昧なのだけど、たしか母親が妊娠中にゾウに踏みつけられ、奇形の子供が産まれ、その産まれた彼がエレファントマンだったと記憶している。
奇形の為いつもはボロを被って姿を隠し、見世物小屋で晒し者にされていたという物語で、体の構造上の問題で横になって眠る事が出来無いのだけど、ラストシーンは普通の人間と同じ様に横になって眠り、人生を終わらせたいと言って、眠りながらこの世を去るみたいな感じだったと思う。
当時は悲しい映画だと思って見ていたけど、今となっては自分の人生の最後の日を自分でコントロール出来て、寝てたら死ねてしまうなんて、うらやましく感じる部分もあったりする。
話しを戻すけど、横になって眠れなかったので、エレファントマンの気分を味わえたわけだ。
そして、私も同じくエレファントマンと同じ心境で、このまま背中の皮膚がズル剥けになっても構わないから、人間らしく横になって眠りたいと、横になって寝てみたりした。
結論から言うと、背中の皮膚がズル剥けになる事もなく、ほぼ快適に睡眠出来た。
だいぶ皮膚のダメージが回復してきたようだ。

この横になって眠る事さえも躊躇させる原因となったのが、私を自由という世界に連れ出したスクーターの存在だ。
スクーターを乗り回し炎天下の下でウロウロしているので、子供の様な日焼けをしてしまったのだけど、このスクーター、燃費が1km走るのに1ペソだ。
それも2人乗り以上の乗員でしか走っていない。
日本にいる時はトヨタの高級車に、乗員は私1人だったのに、リッター5km〜8kmの範囲だった。
ちょっとくらい私がデブだったとしても、今と10キロも体重は変わっていないはず。
というか、車体の重量が1トンくらいあるから、私の体重など燃費に大きく反映されるとも思えない。
スクーターにはたぶん2リッターくらいガソリンが入るのだと思う。
お支払いはほぼカラの状態から満タンで130ペソくらい。
それで140キロくらい走ってくれた。
インファンタ〜マニラ間が約130kmなので、満タンにすればマニラに到着出来てしまう。
今の今まで知らなかったが、原チャリって何てエコロジーな乗り物なのだろう。
ただ、路面状態が悪いというのもあるけど、異常に披露を感じる。
見た目にはただ座っているだけのフライングヒューマノイド(知らない人はググってください。チャーミングな宇宙人です)状態なのだけど、腕はモチロンのこと何故か足まで筋肉痛になっている。
私が原チャリに慣れていないので、必要以上にチカラが入っているというのはあるのだろうけど、それにしてもという疲労感だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

なんか中途半端な終わり方なのだけど、頼んでいたハロハロ40ペソ(88円くらい)がテーブルに到着したので、今日はここまででスイマセン。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

バイクいいですな~。
マニラでスクーターにのると、違う意味で真っ黒になるので、敬遠しちゃいます~

綺麗な空気だとバイクも楽しめるのですがね~

Re: No title

>MS様 コメありです。でもマニラは道路が舗装されているんで… こちらは水たまりとでこぼこ道ばかりです

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
15位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR