記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンでリアルポケモンに出会った‼︎

すごい勢いで雨が降った。
当然ながら排水の設備は存在しないので、すごい勢いで雨が降り、それがある程度の時間続くと、家の中に雨が入ってきちゃうんじゃねーの? 的な状態になってしまう。
10年くらい前に1度、家が水没しているらしい。
25インチくらいのテレビが居間に置いてあるのに、何故か18インチくらいの小さなテレビを見ていたので不思議に思ったけど、その水没した時に壊れたテレビだそうだ。
2階など無い家なので、屋根の上に避難したのだと聞いた。
その屋根も半分以上は、二パーという木の葉っぱを敷きつめただけの屋根なので、ところどころ家の中から空が見える部分がある。
なので、強い雨が降ると、当然ながら雨漏りする。
フィリピンには雨漏りする家なんて履いて捨てるほどあるのだろうけど、私自身は雨漏りする家に住んだ事が無いので、また1つ初体験を果たした。
マリザさんは雨漏りしているところに食べ終えたスナックの袋を突っ込んでいた。
そんなんで何も変わんねーよと思って見ていたが、そんなんで雨漏りが止まるのだから大したものだ。

さて、雨が上がった翌朝、またもや水曜スペシャル川口浩探検隊かの様な出来事が起こった。
幻獣民が興奮気味に走り回っている。
どうやら小川に仕掛けた罠に大物がかかったらしい。
私がアリゲーターでもいるのか? と聞いたら、クロコダイルだよ!と返事がくる。
そんなバカな? と思っていたら、マリザさんの弟がLIZARDだよと教えてくれる。
リザードン? フィリピンにはリアルでポケモンがいるのか?
たしかに、ナナイは驚くとアイ ポケモン マラキとバストスな言葉をつい口走る癖がある。
小川から大人たちが2人がかりで抱えて出てきたのが、体調1mほどのトカゲの王様というか、恐竜の子供みたいのだった。
火トカゲからリザードンに進化したばかりという感じのサイズ感ではあるけど、火は吹かなくてもリザードンという感じの迫力はあった。
引っ掛けた釣り針によって、口から大量の血を流していたので、炎を吐き出すよりも、よっぽど生々しい恐ろしさを演出している。
ラグナに住むマリザさんの親戚達は、リザードンを美味しく頂く文化があるらしいのだが、インファンタに住む幻獣民達は食べる習慣が無いのだと言う。
今週末にマリザ一族でラグナの親戚達の家に遊びに行くらしいので、その手土産に持っていこうという話しになっている。


家の庭にブコの実がなり、バナナが獲れ、小川で魚が釣れ、リザードンまでゲットして、それらを食す事が出来るなら、もう働く必要なんてなくなりそうだ。
貧乏かどうかは、カネの多い少ないを言うのだろうけど、自然というカネで買うには高額な資源を持っているのだから、カネなんか無くても私にはこの地域に住む人をカネ持ちに感じる。
幻獣民の生活を堪能する1ヶ月。
みたいなパッケージツアーを作っても、近代的な生活を送る人には、すごくエキサイティングで、けっこうな金額を支払う価値がありそうだ。
私はソレをツアー料金無料で楽しめているのでVIP待遇の気分だ。

カネの話しをして日本とフィリピンを比較すると、貨幣価値があまりに違うのでアレなのだけど、日本では基本的にカネが全てだ。
例外として土地などの不動産を持つ農家の人は持っている土地で作物を作りカネに変えている。
フィリピン全体として見るには、まだ初心者の私には判断つかないが、一緒に暮らすマリザさん一族に関して言えば、カネはデパートのギフト券や商店街の引換券と同じ類いに思う。
それは多くの物を自分達で作ってしまうからだ。
自分達の専門外の物、例えば衣服などは、自分達が作った物と引き換えにもらうカネという名の引換券と交換した後に、その引換券で服などを手に入れる。
ちゃんとカネをツールの1つとしている。
だからカネがゼロになっても、特別生きるのに大きく影響しない。
ただ、他の者が作った物を手に入れられないというだけ。
何度でも関心させられるけど、カネに依存していない生き方は強いなぁと思う。
カネを失ったり、得られない恐怖なんて、気にせずに生きてられる。

ただ、やっぱり例外はあるわけで、マリザさんの家で同居しているマリザさんの妹は、毎日町にある食堂へ働きに出かける。
毎朝5時に起きて、家を5:30には出る。
食堂がクローズする18:30まで働き、家に帰ってくるのは19時過ぎだ。
12時間くらいは働いているのだと思うけど、1日働きづめて貰える報酬は1日150ペソ(約330円)なのだと言う。
お店が休みでない限りは、基本的に毎日お仕事に行く。
お店に休みが無ければの計算で1ヶ月4500ペソ(約1万円)の報酬だ。
マリザさんの弟達が作っている二パーの葉で屋根を作る内職でもさせてもらえば、たぶん同じくらいの金額を稼げる上に、時間も自由になりそうなもんだけど、マリザさんの妹は勤め人を選んだ。
マリザさんは親戚とお菓子を食べながらペラペラおしゃべりをしてネットワークビジネスの商品2300ペソ分を小1時間で売った。
もちろん、私という打ち出の小槌から出てきたカネを資金源とした売り物があっての事なのだけど…
そして仕事終わりに家族で楽しんだトランプのゲームで妹は1日の報酬150ペソ分を負け、マリザさんにカネを支払っている。

実に興味深い。
トランプでカネを減らした本人や、その負け分のカネを頂く家族や兄弟は、何かを思ったり、何か考えるとこがあったりしないのだろうか?
フィリピン人のというか、マリザ一族のカネに対する思考が、一体どうなっているのか、私の好奇心を刺激してくれる。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

最初の投稿から今日の投稿までたいへん楽しみながら興味深く読ませて頂きました。これからも応援しています。

はじめまして

初めてコメントさせて頂きます。
よろしくお願い致します。

記事、拝見させて頂きました。
素晴らしい記事ばかりでした。
また、内容においては、共感できるフィリピン感が半端ないです。
私は、半移住を考えておりますので、参考にさせて頂きます。
あっ!リザードンの味見お願いします(笑)

Re: はじめまして!

>かっちゃん様 コメントありがとうございます。すごく近い知り合いに、かっちゃんがいたので心臓がドキュンとなりました。応援ありがとうございます。

Re: はじめまして

>コードK様 コメントありがとうございます。頂いたコメントで言うのもアレなんですが、だいぶ前からコードK様のブログ拝読しています。お声をかけて頂き光栄です。面倒見の良さそうな方とお見受けしましたので、私が路頭に迷ったら是非おチカラ貸して頂きたいです。ドスル?

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
77位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。