記事一覧

コメをおかずにコメを食う《フィリピンスタイルだ!》

シャンプーが切れるのが異常に早い。
マリザさんのムスメ2人がロングヘアーでシャンプーやコンディショナーをジャブジャブ使うからだ。
髪質なんかどうでも良い私にとっては、コンディショナーなど使わないので、減りが早かろうがどうでも良いのだけど、汗をかきやすくアブラっぽい私にとってシャンプーの存在は大事だ。
ここフィリピンに来て、昨日初めて1日に1回だけのシャワーにしたら、髪を撫でた後の自分の手が毛髪クサイ。
そんな中、今朝シャワーに行ったらシャンプーが切れている。
仕方がないので石鹸で髪を洗うかと思ったら、飛雄馬くんの犬用のシャンプーがあるのに気づいてしまった。
ダイソーで買った88ペソのシロモノだ。
なんだかアブラっぽい気がしたので、念入りに犬用シャンプーで2回洗ってみる。
シャワー終了後に、マリザさんにシャンプー無いから、飛雄馬のシャンプーを借りたと伝えたら、私もだよと答えるマリザさん。
フィリピンは犬も人間も平等な国のようだ。

さて、学生時代にカネが無いのに腹を膨らませる定番といったら何だろうと考えてみた。
カップヌードルか?
フィリピンでは高級品だ。
不良が使い走りに買いにいかせるといったらアンパンか焼きそばパン。
そんな感じの連想ゲームで、焼きそば(パンシェット)パンや、スパゲティパンを売ってみたらどうかと思って、マリザさんにフィリピンに存在するのか聞いてみた。

マリザさん曰く。
スパゲティはスパゲティ。
パンシェットはパンシェット。
ティナーパイはティナーパイ。
自分でそれらを買って挟むのは良いけど、それを挟んで売るなんてどうかしている。
パラン タンガ(バカみたい)。
私はイヤだ。
ラハット フィリピーノ アヤウ(全てのフィリピン人がキライだ)。

正直、私も焼きそばは焼きそばで食べたいし、スパゲティはスパゲティで食べたい。
パンが水分を吸ってしまい、ただでさえモサモサしてるのが、よりモサモサするので、全く何の理由があって、そうするのか作った人に聞いてみたいくらいだ。
そういう意味では、マリザさんの意見に同意もするのだけど、別にカネに困っている訳でもない日本で、日本人がそれを買っているのだから、それをウマイと思って食している人が多く存在するのだろう。
学生にとっては、スパゲティを単品で買うよりも安くて、パンで腹も膨れて、なおかつ安いとなれば、フィリピン人それも腹を空かせカネの無い学生にピッタリの商品じゃないかと思う。
だけども、実際にフィリピンでそんなの売ってるの見た事ないので、多くの人がイヤだと思うのかもしれない。
ただ、そこまでハッキリとキッパリと拒否られてしまうと、鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス的な精神が生まれてしまう。
パンにスパゲティやパンシェットを挟んで売れれば、1つにつき5ペソくらいは利益を生み出せる計算になる。
ヒットすれば100個作ったり売ったりするのも、そんな難しい事では無い。
マリザさんの個人的見解なんて無視してトライすることしてみよう。

さてさて、昨夜は、いろいろと安くて売れそうなメニューを考えるなか、オムライスを試しに作って幻獣民に食わせてみた。
オムライスなんてモダンな料理は、マニラにはあるのかもしれないが、ここケソン州ではお目にかかれないシロモノじゃないかと思ったからだ。
オムライスをあまり好きでは無い私にとって、しょせんはただの炒めたケチャップごはん。
オムライス好きな人には、炒めたケチャップごはんは、オムライスじゃないなどのコダワリもありそうだけど、残念ながらココはフィリピン。
売っているケチャップだって、なぜかバナナのフレーバーばかりだ。
バナナフレーバーのケチャップで、こだわりのオムライスなんか作れるわけがない。
美味しいかどうかでは無く、安いのに美味しそうであれば、それで十分な国なのだ。
雑貨屋でケチャップを仕入れる。

1番大きくて安いケチャップをくれ!

おい、こりゃ洗剤じゃねーかよ! って言いたくなる容器に入ったケチャップ。



肉屋で鶏肉の挽肉をくれと言ったら、骨が多いから挽肉には出来ないと…
鶏肉を半身買うからと言って、肉の多い部分だけミンチにしてもらった。
鶏肉半身80ペソ(約180円)、ミンチ部分と、骨の部分と2つの袋に分けて入れてもらう。

八百屋でピーマンとタマネギを買う。
生玉子は4つ入ってベンテ20ペソ(約45円)、これを2個買う。

ミンチ部分の鶏肉とミジン切りした野菜を炒める。
コショウは切れていたので、塩だけを入れる。
炊きあがったコメを入れてケチャップで炒める。

卵1個で、1枚、ケチャップごはんに被せる卵焼きを作り、かぶせた後に生理がたれちゃったかのごとくケチャップをたらせば出来上がりだ。

私にとっては、ウマイもマズイも無い。
バナナフレーバーのケチャップ炒めごはんでしかない。
だけども、その色合いとまるで手が込んだように見える立体的な盛り付けに、幻獣民からはまるでレストランの料理だと羨望の眼差しを受ける。
子供達が多く、食べた事の無い不思議な調味料や素材も入っていないので、不思議な顔をされる事も無いし、好きキライがあるというほどクセがある訳でも無いので、当然ながら味の評判はいい。
(※日本の子供達が食べたら不思議な顔をするだろう。ほのかにバナナの香りがするので…)

いくらに設定して売るかという話をマリザさんとする。
その中で鶏肉やタマネギは高いから入れなくていいんじゃないかと言い出す。
たぶんマリザさんはタマネギがキライなのだ。
タマネギはブンバイ ナ アモーイがするから、みんなフィリピン人は好きじゃないなどと、自分がキライなものをまるで全ての人がキライかの様に言う傾向がある。

まぁ、炒めたケチャップごはんに、そんなにコダワリの無い私ではあるが、1つ10ペソのタマネギでおよそ10人前のケチャップごはんを作った訳で、鶏肉もタマネギもケチると、ほぼほぼ完全なるケチャップ炒めごはんになる。
マリザさん曰く、タマゴ高いから、タマゴも出来上がったものを半分に切って使えばいいなんて言いだす。

作っている側の私としては、コレでカネ取るのかよ? みたいなシロモノは作りたくないのだけど…

そんな葛藤の中、マリザさんと話しあいをする横で、子供達はオムライスをオカズにしてシロメシを食べている…

私の些細なクオリティへのコダワリなんて、フィリピン人に汲み取ってもらう事は不可能らしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

 先日のアラウアラウです。
 まさに 孤軍奮闘ですね。

原価意識の薄いフィリピン人の商売、なかなか大変ですよね。私も同じ様な経験をしています。
 ”ご飯のオカズがオムライス”これには驚かされました。 良い着陸店を見つけられる事をお祈りします。

Re: No title

>アラウアラウ様 コメありです。私も結構テキトーな方なので、キッチリとOPENでは無く、コントみたいなのをリアルで再現するようにスタートするんだと思いますw アラウアラウ様のブログの過去記事の見方が分かりませんw

No title

 私は現在はフィリピンブログの20~25位をうろうろしている者です。 私の能力では長文は書けませんので、その瞬間の自分を記録しているだけのブログです。 私のブログはある意味”夏休みの絵日記”の延長です。

Re: No title

>アラウアラウ様 コメありです。私の能力では文章を簡潔にする事が出来ませんw 全然知らなかった国から少しづつ理解していく過程を記載しているだけなので、私のも子供の作文ですw

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
15位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR