記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグナの市民プールをプライベート化した日

今日はラグナのマリザさんの親戚の家に遊びに行く事になった。
午前3時に小便に起きると、既に大人達は起きてお土産に持っていく料理の作成に取りかかっていた。
見て見ぬフリして小便を終え、もう1度寝る。
午前4時過ぎに、もう準備をして!と起こされる。
フィリピン人の事だから、どうせみんなグズグズやるのだろうとタカをくくって、起きたフリしてもう1度寝る。
だけど、ギリギリまで寝かしてくれていたようで、次に起こしに来た時はゾロゾロとみんな外に出ていくタイミングだった。
眠いし、メンドウなので、行きたくないと言ってみたが、強引に叩き起こされた。
顔も洗わず出ていく準備をしていると、赤ちゃんのいるマリザさんの妹が留守番するので、ワンちゃんは置いて行こうなどとマリザさんが言い出した。
行かない良い口実が出来たと思い、犬を置いていくなら、私も行かないと言ってみたが、犬も連れて行くから一緒に来てと、結局犬と共にラグナに向かう事になった。
3日ほど前にマリザさんの弟の家に赤ちゃんが産まれ、行く予定が急遽何人か減ったりもしたのだけど、それでもマリザ一族と日本人1人と犬1匹がジープニーを埋め尽くし民族大移動をはじめる。
運転手つきでジープニーを借りたようだ。
1500ペソを支払っていて、随分と高いなぁと思ったけど、貸し切りで無ければワンちゃんは乗車出来ていなかったし、一族で決めた事なので私のクチを出すところではない。
このジープニーの運転が荒く、ラグナに向かう峠では、子供達のゲロゲロ大会が始まり、あちらこちらでシンナーを吸う不良少年の様に袋をクチにし、タプタプと音をたてる。
連れゲロしそうなくらいに荒い運転に車酔いしたが、なんとかリバースせずに到着できた。

ラグナはPAKILという町にやってきた。
いつもは通り過ぎるだけのエリアなので知らなかったが、インファンタと比べると、すごい都会だ。
クルマの量がすごく多い。
カネ持ちそうな家もいっぱいある。
田舎のカネ持ちはただ土地がデカイみたいなのが多いけど、それとは違う感じの近代的なカネ持ちだ。
だけども、マリザさんの親戚の家は、マリザさんの実家よりもほんのりカネのニオイを感じさせたが、周囲と比較すれば貧乏な類いの部類になる。
ラグナ湖でティラピアなどを獲っている漁師のようだ。
午前7時頃に到着して、貧乏人とは言え豪勢な料理をたくさん用意してくれていた。
初めてヤギの肉の料理を食べた。
我々が来るので飼っているヤギとブタを1頭づつしめてくれたようだけど、そのブタの重さが78キロと私の体重より重いそうだ。
いくら1クラス分の人数がいても食い切れる量ではない。

さっきまでゲロゲロ吐いていた子供達が、バカバカとメシを食っている。
一体どういう回復力なのだろうか。
私はグルングルンと目が回っているので、まったく食欲が無い。
せっかく用意してくれているので、感じが悪くならない程度にクチにする。
午前9時頃に市民プールの様なところに、みんなで行くのだと言う。
そこで、またもや私は犬を連れていくと無茶を言ってみる。
長時間誰もいないところに犬を放置しては行きたくなかったからだ。
そりゃ無理だろ? と思いながらの要求だったけど、じゃ連れて行こうという事になった。
市民プールのゲートでも、警備員が目を丸くしているものの、特に問題なくゲートを通過する。
小脇に抱えられる様な小型犬ならまだしも、体重だって20キロくらいある中型犬が、市民プールに入れるとは…
何でもありのフィリピンには恐れ入る。
何でもありは犬だけじゃない。
屋根のついた休憩スペースを総勢40〜50人のマリザ一族で埋め尽くし、運び込んだ料理というか、たくさんの大鍋を並べて、カラオケのマシーンまで運び入れ大宴会のドンチャン騒ぎを始めだした。
市民プールを完全にプライベートプールと化している。
たくさんの鍋を並べてメシを食うまではいいとしても、朝の9時からタガイタガイが始まり、カラオケを大音量で熱唱し、いい年をした中年のババーが踊り狂い、その傍らには犬までいる。
確実に貧乏人と思われるのに、遊び方は富豪みたいだ。

市民プールのトイレをのぞいた時に、大きい方をもよおしてしまうと大変な事になると察した私は、食べる量はソコソコに抑え、仕方なしにタガイタガイに参加しカラオケでタガログソングを歌う。
ロクに食べずに強い酒を流し込んだ私は午前10時過ぎに早くもグロッキーになる。
昼過ぎまでダウンした後に、復活後再度タガイタガイ大会に強制参加させられる。
それにしても、長い時間飲んでいる。
つぶれては寝て、また復活したら飲むという、ゾンビのごとく死亡した戦士が復活するので、エンドレスに宴会は続けられるのだ。

私も朝から酔いつぶれ、休憩スペースのイスで意識を失う。
だけども、フィリピンの昼間に長時間は寝ていられない。
暑さでクチから入れた酒は汗となって吹き出す。
吹き出す汗が体をつたっているのを感じる気がするのだけど、無数のハエが身体の上を飛び交いタッチしてくるので、汗が流れているのか、ハエにたかられているのか分からない。
本当は頭がグラングランしているので寝ていたいのだけど、暑さで寝続ける事も許されず、身体を起こすと、気持ち良いからリゴ(シャワー、日本で言うなら風呂)、プールに行けと。
フィリピン人にとって、プールはリゴ、風呂みたいだ。
実際、プールの中に入って、頭や身体をシャンプーつけて洗っている奴が複数いる。
老若男女関係なく、水風呂として利用しているのだ。
そういう意味で一部の常識ない人がやっているという訳でもなく、多くの人がそういうものだと理解しているのだろう。
いちおうプールの真ん中では無く排水口の近くで洗う配慮を見せているものの、私にとっては衝撃的な光景だ。

むむむっ…。
この溢れるほど幻獣民達がつかってダシがよく出ていそうな水の中に入るだけでも、ほのかに抵抗感があるというのに、身体中の垢をここで洗い流しているのか…。
この国の幻獣民と今は生きているのだから、受け入れるほかないとプールに入る。
山伏が修行で打たれる滝の様に水が冷たい。
プールの水は近くの山から流れる水をひいていて、暑い日は冷たく、寒い日は温かいなどの説明をしていたけど、茹で上がったソウメンを冷やす水の様な冷水だ。
プールに入る前に準備体操をしなくても、子供達はこの冷水にバンバンとダイブしていく。
そのくらいで死ぬ様な奴は、このフィリピンでは既に生きていないという事なのだろう。
それでも、小さな子供達は、この冷水に一気に体温を奪われ、クチビルが紫色に変色する。
羽を抜かれたばかりのチキンの様な肌で、生まれたての子猫の様に震えている。
だけどもペンギンが氷の上から海に飛び込むかのごとく、そうするものと本能に刷り込まれているのか、寒くてプールから飛び出した子供達は、何度でも再び水の中にその身を投じていく。
子供達に私も同じ事をしろと要求されるが、フィリピン幻獣民の少年少女と同じ事をするなんて、日本という保育器で育ち、ジジーの認識がたっぷりある私に真似できる所業じゃない。

フィリピンのクソがつくほどの暑さで熱された体は数秒で冷やされ、身体を温めるために休憩所に戻れば、食うか、歌うか、飲むかが半強制的に強いられる。
まるで、営業力だけを生命線とする営業会社の飲み会の様だ。
酔いつぶれたら寝て、復活させる為に冷水を浴び、また飲むというサイクルを永遠に続くのではないかと感じさせるほどに繰り返す。

ワラン フォーエバー。
フィリピンのオカマがちょっとだけ流行らせた言葉だけど、永遠なんて無い。
ようやく夕方になると、市民プールを舞台にしたドンチャン騒ぎの宴会もおひらきとなった。
一同が親戚宅に戻り、シャワーなどを済ませて着替え終わると、男達はまた改めて飲みはじめる。
舞台が変わっただけで、永遠という言葉を使うだけの理由が再度スタートする。
帰りのジープが到着するまでなどと言って飲みだすが、19時に来るハズのジープは20時30をまわっても、いっこうにやってこない。
このまま、コレが続いたら、ソッコーで私はあの世行きだから、私の人生にとっては永遠が成立してしまうかもしれないとマジメに心配をしだした頃に、ようやく荒い運転のジープが到着した。

一体これは誰が食べるのだ?
と心配になるほど、ジープの半分をお土産の食料で埋め尽くし帰宅し、ラグナ遠征は幕を閉じた。
これがフィリピンスタイルの親睦の深め方なのだろう。
これがフィリピン人の言う幸せなのだろう。
私にとっては間違って光通信か朝日ソーラーにでも、営業マンとして入社してしまった様にしか感じれなかったのだが…。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

↓は、ラグナでは酔って何の写真も撮れなかったので、先日借りたお店の4rentをアピールしている写真を載せてみました

関連記事
スポンサーサイト

コメント

もうマリザ一家の一員になってしまったのでは
ないですか

Re: タイトルなし

>k.s様 コメありです。もし、昨日今日でメールを送って頂いているようでしたら、このメッセージにある新しいメールアドレスに再度ご送信ください。

No title

お店、うまく行くといいですね。頑張ってください

Re: No title

>やまちゃん様 コメントありがとうございます。はい、ただいま作成中ですw

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
77位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。