記事一覧

フィリピンで食堂開いてコテンパンにされている私に一筋の光?

私は自分が持つアイデア、フィリピンとは大きく文化の異なる日本という国で生まれ育った情報や知識を錬金術のごとくカネに変えれると思っていた。
だけど、そんな思い上がりは、コテンパンにやっつけられた。
ウマイ、マズイじゃなく、私が作ったモノは、食べてもらえない。
マリザさんの家で作れば、無料だから、皆がクチを揃えてウマイと言ってくれる。
だけど、食べた事が無いモノにカネを払う冒険は、客は絶対にしてくれないと分かった。

少し考えてみれば分かる話しだったのかもしれない。
まるっきり、逆の立場と考えて、マリザさんが日本にやってきたとして、家でマリザさんがフィリピン料理を作っても、食べれる物を作ってくれればウマイ・ウマイと言って家の人は食べるだろう。
だけども、日本で店を借りてレストランを開いて、誰が食べにくるのだろうか?
きっと、気味の悪い顔をされるだけで、ウマイ・マズイじゃなく、店に入るチャレンジさえしてもらえない。
かと言って、日本人に食べてもらえるようにと、マリザさんが筑前煮を作ったとしても、きっと食べてはもらえない。
仮にマリザさんが作った筑前煮が、日本人が作った筑前煮よりも美味しかったとしても、そんなのと関係なく食べてもらえない。
食べてもらえないのだから、ウマイ・マズイとは関係無いのだ。
きっと、私が作ったモノが売れないのも、そういう事なのだろう。

私が作った食べ物はスタートラインに立たせてもらえない。
マリザさんが日本でレストランをやったとして生き残れる道は、フィリピンパブなどが多くある町の繁華街などで、フィリピンパブのフィリピン人を相手に売るしかない。
それを私に当てはめた場合、マカティなど日本人が多くいる場所でレストランを開くしかないという結論になる。
ただ、そんなんじゃツマラナイ。
日本人が日本人相手に料理作るなら、わざわざフィリピンである必要なんて、まるっきり無い。
私は既に日本人どころか中国人も韓国人も見かけた事の無い、インファンタの地で店を開いてしまっている。

ただ、マリザさんが日本でレストランを開いた例えで言うならば、マリザさんが作ったと客にバレなければ、日本人スタッフが売っていれば、マリザさんの筑前煮は買ってもらえるかもしれない。
という理屈で、私が作ったモノが、これでもかと無視されるのが悔しすぎるので、日本人である私が、フィリピン人が好みそうで、フィリピン人が作ったっぽい料理を作ってみようとチャレンジしてみた。
今回作ったのは、ミートソースのスパゲティだ。
これは何回かフィリピンパブで誰かの誕生日の時に目にしたり、クチにした記憶がある。
その時の記憶を頼りに適当に作ってみる。
スパゲティは逆アルデンテ(単に茹ですぎ)が幻獣民のお好みであるのは周知の事実なので気楽なもんだ。
ミートソースは、ニンニクとタマネギの微塵切りと豚の挽肉を炒める。
そこに、チキンコンソメやブイヨンなんて使うのはもったいないので、廃棄予定のラーメンスープを投入してやる。
私の記憶では、赤いミートソースでは無く、どうやって作るのか、クリームっぽい赤というか、朱色というか、赤くないミートソースだった記憶があって、それをどうやって再現するべきかと悩んでいたのだけど、現地のトマトケチャップで作ったら、自動的にその色になった。
ミートソースは半分だけパスタと合わせて、残り半分はトレイの上に盛った後に上からかけて、まるでソースたっぷりみたいなキレイな盛り付けに仕上げた。
試しに食べてみたら、フィリピン人が作ったのより何倍もウマイ。

出来上がりをマリザさんに渡す。
予想通りというか、すごい勢いでケチがつく。
まずは上にかかっているミートソースを見てパアノ?(どうやって?)
どーもミートソースが上に乗っていて、絡まっていないじゃねーか!的な物言いがつく。
まぁ、本来、私もかき混ぜて、均等にソースが染みる様にすべきと思うが、どこのレストランだって、見栄えを良くする為に、テッペンにミートソースがのっている。
逆に絡まっちゃっていると、誰かの食いかけみたいな感じになってしまう。
私の作ったモノにケチをつけたいマリザさんが勢いよくかき混ぜ出した。
私はラーメンが1つも売れなかったので、もう何のコダワリも無いから、作ったモノにケチをつけられ、いじくり回されても腹は立たない。

次に色が薄すぎるとケチをつけるマリザさん。
そりゃぁね、あんた、均等にソースが絡む様にかき混ぜちゃったからね。
(※私の言い訳は言葉に出していない心の声です)
ミートソースのスパゲティって、ミートソースがかかっていない部分はスパゲティの色でしかないから、色がついていない。
ミートソースの部分と、かかっていない部分との色のコントラストが綺麗に見えるものだと思っていたけど、しっかり混ぜちゃったから色薄くなるよね。
更に言えば、私が知ってる限り、フィリピン人が作るミートソースは、これっぽっちも赤くないし、それに習って近づけた色合いのツモリなんだけど…。

そして次のケチは、このスパゲティはスープが少なすぎると…。
そりゃぁね、時間と共にスパゲティがスープを吸っていっちゃうしね。
だいたい、フィリピンのスパゲティでスープが入っているの見た事無いけどね。

極めつけは、肉が少ないと言い出すマリザさん。
さっき、たっぷり上にかかっていたのをあんたが混ぜちゃったから、少ないんじゃなくて、均等に散らばっているのですよ。
乾麺の状態で500gしか無いスパゲティに、500gの挽肉がはいっているので、実際決して少なくはない。
更に言うなら、きっと1人前15ペソ(33円)か20ペソ(44円)あたりで売るのだろうから、肉がたくさん入っていたら赤字になるのですよ。

作り上げたものを台所に持ち帰ってきて、マリザさんが私に作り直して良いかと聞いてくる。
美味しくない? 捨てる?
と私は質問に質問で返す。
私は腹を立てないツモリだったけど、コテンパンに言われて腹が立ってしまったのだろう。
味見もせずに文句をつけていたマリザさんは、私がムッとしているのを感じたからなのか、味見しながらオイシイから、このままで良いねと、ショーケースに戻している。

しばし、私も考える。
マリザさんは店の人間でありながら、完全なる100パーセント客目線だ。
ウマイ、マズイでは無くて、このままだとカレーやラーメンの二の舞で、誰にも買ってもらえないかもしれない。
マリザさんに作り直されたり、誰にもチョイスされすに捨ててしまうのであれば、私が自ら引導をわたそうと、生まれて初めて自分が作った料理を不味くなる様に作り直す事にした。
熱したフライパンに油をしき、ニンニクを炒め、そこにラーメンで言うなら1人前くらいのラーメンスープを投入した。
更にそこに大量のバナナケチャップを投入する。
これで赤いスープの完成だ。
さきほど作った完成品の美味しかったスパゲティを赤いスープの中に投入する。
もう、私は味見をしない。
私の味覚では、きっとマズイ物になっているから、味見をしても意味がない。
マリザさんは赤いソースのたっぷりかかった作り直しのスパゲティを見てご満悦だ。

やっぱり、ダメだ。
自分がマズそうと思って味見も出来ない様なモノを作るのは、もうやめよう。
たぶん、スパゲティ作りは、これが最初で最後だ。
私は料理人では無くて、商売人だから、ウマイ・マズイに関係なく、売れるモノ、買ってもらえるモノを作りたいし売りたい。
だけど、仮にこのスパゲティが買ってもらえたとして、客にマズイと思われても、そうだろうよとしか思わないし、ウマイと思われてもコレっぽっちも嬉しくない。
作った本人の私が味見をしたくないと思うシロモノなのだから。

そんな葛藤をして迎えたランチタイム。
ウマイのかマズイのか作った本人が分からないスパゲティが1番に売り切れる。
買ってもらった人に申し訳ない気分になる。
マリザさんは、言った通りでしょ?みたいな顔をしている。
見てくれはカネを払った人の好みだったかもしれないが、せっかく楽しみにしていたランチタイムに虎の子の25ペソを出したのに、スパゲティはゲロマズだったかもしれない。
すごく心が痛い。

作った自分で美味しいと思うモノを客にも食わせたいと思うけど、残念ながら客にチョイスをされず、作った自分が味見さえしたくないと思うモノはチョイスしてもらえる。
このジレンマはどうすべきなのだろう。
ただ、こんなに色々と思うのは、スパゲティだけだ。
私はスパゲティが大好きなのだけど、フィリピンのスパゲティはクチに入れたあと吐き出してしまう。
スパゲティの好みだけは、フィリピン人と永遠に共有できない。
だから、とりあえずスパゲティだけは、2度と作るのをやめよう。

そんな悲しい気持ちでいると、午後14時のヒマな時間にポツリと1人で入ってきた女性がラーメンを頼んだ。
ラーメンのオーダー第1号だった。
残念なのは作成時に黄金色に輝いていたスープが時間が経過し、何度も腐らない様にボイルされたからなのか、茶色く濁っている。
どーせ廃棄するものだからと、気前よく盛ってあげる。
結構な量を入れたけど、スープも全て飲み干していた。
女性はヌードル好きで、毎度食べたいくらいだけども、暑いとなかなか食べる気にならない。
でも、偶然、発見した店に、ヌードルが置いてあったから、つい頼んだみたいな事を言っていた。
むむっ、確かにここ数日は残暑が厳しいザンショな感じで、クソがつくほど暑かった。
ただ、フィリピンなんて、毎日暑いものと思っていたけど、ここインファンタは7月・8月と雨季に入り、肌寒い日が続いたりするのだと言う。
暑い時には、シニガンなどが出て、寒い時にはソパスなどが良く売れると言う。
ただ、暑いからと言って、毎度シニガンだと飽きてしまうのだと。
むむむっ、マリザさんに聞くと、暑いからラーメン売れなくても仕方ないとか言ってる。
むむむむっ、ラーメンに皆が手を出さない理由は、暑かったからなのか?

確かに、マリザさんを見ていると、何を作るかメニューを考えている時に、何が売れそうなのか予想をして作っているフシがある。
たくさん売れても、同じメニューを2日続けたりしない。
私は単純にランチタイムに来てくれる子供達の顔ぶれが同じだから、飽きない様にメニューを考えているのだと思っていたけど、売れるなら毎日だって同じモノを作り続けるタイプの人種だ。
それが売れてるのにメニューを変えるというのは、コレが売れるんじゃないかと予想をして、その予想したものを作っているのだと気付いた。
実際、ランチタイムに2〜3種類のオカズがあって、どれか1品に偏って売れたりする。
食べる前の段階だから、ウマイ・マズイは分からない。
毎日変わるメニューの中で、偏って売れる物は、美味しいから売れるのでは無くて、多くの人がソレを食べたい気分だから売れているわけだ。
マリザさんが売れて喜んでいたのは、自分の予想がズバリ的中して、たくさん売れたから喜んでいたわけだ。

まだまだ、そうなんじゃないかという私の推測の域をでないけど、サンドイッチが30個でも40個でも売れる日もあれば、1日で2つしか売れない日もあった。
食べたい物は皆一緒で、売れる日は同じ物がバカバカ売れる。
まるでパチスロで設定5の台を探す様に、今日は何が売れるか予想して、それを当てるゲームの様だ。
私はサンドイッチが全然売れなかったりすると、美味しくないからなのか? とか、他の具材にチェンジした方が良いかなど、色々と考えていたけど、そんなのあまり関係なかったのだと思い始めた。
皆が今日食べたい物、明日食べたい物を予想するゲームみたいだ。
ハロハロだって1日に0の日もあれば、20個出る日もある(ウチのハロハロは10ペソと20ペソの2種類です)。

となれば話しは変わってくる。
安くてウマイものを作ってリピートさせるというゲームじゃなく、皆が今食べたい物を当てて、それを用意するゲームなのかもしれないのだ。
まぁ天気や気温は、天気予報見れば、何となく分かるのだろうけど、ここフィリピンで片っ端から、予想がハズレている私には、すごく難しいゲームだ。
今日は魚なのか、肉なのか、肉ならチキンかブタか水牛か、それをアドボにするのかサバオにするのか…
全然当てられる気がしない…。
私の様に予想を当てられる自信が無い店は、これでもかと品数を置いて、店前に料理の入った鍋が並んでいる。
答えが分かってから追加で作成する。
ただ、その方法だと、片っ端から作るので、重労働だし、廃棄が多いというリスクもあるだろう。

もし、ここインファンタのレストランというゲームが、たくさんの人が今食べたいと思っている物を当てるゲームならば、全く私には向いていない。
私は多くのフィリピン人と同じ思考にはなれないからだ。
フィリピン人らしい平均的な普通のフィリピン人であるマリザさんの方が適役だ。

これから実践配備を考えているタコ焼きもどきは、皆が食べたい気分になるわけの無いシロモノなわけど、一体どうすれば?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

さて、昨日出題した答えを発表します。

質問は
当店では、ミネラルウォーター、コーラ、スプライト、ロイヤル(ファンタオレンジと同じ)の4種類のソフトドリンクがあり、たぶんどれも250mlの同じサイズです。
値段は一律10ペソ(22円)で売ってます。
4頭だての4連単、売上数の1位〜4位を全て予想してください。
惑わしちゃうのもアレなんで、ノーヒントでお考えください。
というものでした。
※実際には、コーラ、ロイヤル、スプライトは237mlでした。

答えは写真の通りの順番です。


ミネラル、ロイヤル、スプライト、コーラの順番です。
質問には入っていませんでしたが、大きいミネラルが1番売れます。
コーラが1ケース(24本かな?)が売り終わる頃には、ミネラルが3ケース、3倍は売れています。
その理由ですが、学校が近いのと共に、周囲にはオフィスがあって、そこで働く人や、そこにやってくる客人達が主にミネラルを買っていきます。
近隣の高校生達がミネラルやジュースを買っているのは1度も見た事ありません。
水やジュースに10ペソ払えないんです。
近くのサリサリストアでビニール袋に入れてもらったチョコレートドリンク(5ペソ)などをシンナー吸うかの様に啜っています。
惜しかった方もたくさんいましたが、4つの並び順なんで、だいたいの人が惜しいという結果にはなりますw
当店では18リットル25ペソで売っているポリタンクに入れるミネラルじゃなく、水道水に氷を入れたクーラーに入れてある水がフリーで飲める水です。
当店にお越しの際は、250ml10ペソ、500ml18ペソのミネラルをお買い上げ頂くのがよろしいかと。
ちなみに私は水道水飲んでます。
高校生と同じくワランペーラなんで!


Mike様の【お気に入りのブログ】で、当ブログをご紹介頂きました!
ありがとうございます。
実際にお店をやっていた経験を元にアドバイス頂きました。
是非とも参考にさせて頂きます‼︎
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

あーもうちょっとだったのに スプライトが 先に来るとは 思わなかったですね 水は 絶対で ロイヤルは
ここでは 普通なので スプライトは あまり人気が 無いと思ったんですが くそー 

Re: No title

>k.s様 コメありです。あはは、3着と4着のスプライトとコーラが入れ替わってたら当たりでしたね。フィリピン人コーラ飲みそうなイメージですけど、健康に気をつかっているツモリなんですかねw 私は食事の時に味噌汁以外の水分は取りたくない派で、ジュース飲んでる人苦手です。水かお茶なら許せますw

No title

ミネラルはまあはずれても納得。。。

でも、うちの周り(マニラの地方民)は、みんなコーラだよ。
うーーん。本物の田舎と田舎者の違いだろうか・・・

No title

おお!ミネラル1着ですか。
コイン欲しくないけど残念ですv-16

Re: No title

>無花香様 コメありです。田舎者は洗脳されやすいので、きっとコーラが体に悪いと信じているのでしょう。コーラは今後置くのをどうしようかというレベルですけど、いちおう出ない訳でもないので置いてる感じです!

Re: No title

>Mike様 コメありです。センタボコイン、ペソより貴重です。使う場面ないですけど…

4連単予想

そうでしたか。ミンダナオは、もっと田舎ですからコーラがまだ一番ですね。残念・・・我が家では食事中のコーラジュース類は禁止ですが、パーティーの時は他人が来るのでこの時とばかりに飲んでますw。

Re: 4連単予想

>けいすけ66様 コメントありがとうございます。フィリピンの地で育ったらジュース飲みたいでしょうねw 40年以上も日本に住んでしまった私はフィリピンになかなか染まれないですけどw

No title

過去ブログを読み終わり、今日に追いつきました。さてタコ焼きモドキ的な何かについて、「一体どうすれば?」ですが、フィリピンでは丸い食べ物は縁起がいいそうなので現地人への暗示効果を狙って商品名をラッキー○○、ハッピー□□、7回食べると願いがかなうドラゴンボールとか。それと月並みだけど路上でのご試食セールス?

No title

>けいすけ66様 コメントありがとうございます。フィリピンの地で育ったらジュース飲みたいでしょうねw 40年以上も日本に住んでしまった私はフィリピンになかなか染まれないですけどw
失礼しました。
全く説明不足でした。
コーラ類を飲むのは嫁と娘二人です。
私はもちろん飲みませんよ。
文化が違いすぎますね。

Re: No title

>井伊大様 コメントありがとうございます。過去ブログまで読み漁って頂き、ありがたい限りです。ドラゴンボール気に入りましたが、観てない人には説明ややこしいので、ラッキー◯◯頂きます。ラッキー池田しか今のとこ思いつきませんが…

Re: No title

>けいすけ66様 コメントありがとうございます。私の言い回しが厄介でしたね。奥さんと子供達の話しだと思って、返信してたので、けいすけ66様の趣旨はちゃんと私に伝わってましたw。

はじめまして。
私も今フィリピンに住んでいて、2年ほど前にオフィスでのランチ販売をやってました。
ワパンペラ様の気持ちが痛いほど分かります。。
こちらがいくら拘って作っても、まず選択肢にすら上がらないというのはフィリピン人が保守的ということなのでしょうか。知らない物は怖くて手が出せないという事なのか。。結局、アドボやメヌード等のポピュラーなメニューが一番売れていました。
しかし、オフィスのスタッフの中でも高給取りの幹部達は好んで買ってくれていました。
やはり誰に売るのかというのが一番重要だと思い知らされました。

アドバイスなどという大した物ではありませんが、
経験で学んだ事をひとつ、

あまりお金のないお客さんの傾向として、
汁が多ければ多いほど喜ぶという事です。
汁とは別に飲むスープの事ではなく、例えば野菜炒めなら、皿の底に溜まった汁の事です。
それが脂たっぷりなら尚いいです。
豚の脂は彼らの大好物なので上手く有効活用出来れば面白いと思います。
御飯が進む汁があれば、汁をおかずにご飯だけお代わりしてくれました。
ライスの単価は安いですが、原価も安いのでチリツモで売り上げに貢献してくれるのでバカに出来ませんでしたよ。
とにかくビチャビチャ位で丁度いいです。

その他いろいろありますが、またの機会で投稿させていただきます。

Re: 汁

>マーシー様 コメント、アドバイスありがとうございます。どこ見て商売するのかってなるんでしょうけど、下層が圧倒的多数なので、たまに来るのか来ないのか分からない圧倒的少数の金持ちをターゲットにするのは難しいんですよねぇ…。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
12位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR