記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンに移住したいと考える人へ、私が思うこと

フィリピンに来て、それなりの期間を過ごし、何ヶ所かに住んでいる訳だけど、もともとフィリピンやフィリピン人に抱いていたイメージと、実際に来てみてからのイメージにズレがある。
例えば、私の事前の予想では、陽気に挨拶をしてきたり、声かけてくる奴が、結構な率でいるんじゃないかと思っていたのだけど、実際には知らない人と挨拶を交わしたりしない。
まぁ、私が外国人だから、言葉が通じるのか不明というのもあるのだろうけど、フィリピンに来る前に勝手に抱いていたイメージよりフレンドリーでは無い。
店の中にいても、客は私でなくフィリピン人のスタッフに色々と尋ねるので、私には声をかけてこない。
まぁ、仮に私に尋ねられても、二回は聞かないと何言ってるか分からないので、聞き返す事になるし、二回聞いた上で理解出来ない事もザラなので、私に声をかけないのは正解だ。

そんな中、好んで私に寄ってきて、私に声をかけてくるピノイもいる。
マリザさんが隣にいるのに、わざわざ私と話したがるという特殊なパターンになる。
これまでの経験でいくと、例外なくカネ持ちの男だ。
そして、何個かの知ってる日本語を一生懸命にアピールしてくる。
私がホンノリとタガログ語が理解出来る事を知ると、自分の家を教えてくる。
無駄に部屋数ばかりありそうな豪邸に住んでいたりする。
とにかく自分がどれほどカネ持ちか自慢をしてくるのだ。
フィリピン人に自慢すると危険だけども、日本人の私になら危険が無いので、日頃出来ない自慢話をしたいという事なのだろうか。

逆に貧乏人は例外なく私には近づいてこないし、声もかけてこない。
珍しく声かけられたなと思うと、決まってタバコ吸うのに火を貸して欲しいという場面だ。

卵が先か、ニワトリが先かの話と同じになるのかは分からないけども、カネ持ちになったから自身満々で外国人に話しかけたりするのか、それともそういう類いの人間がカネ持ちになるのかなどと考えたりした事がある。
もし、外国人だろうと関係なく、誰とでも自身満々に話せるタイプの人がカネ持ちになるのだとしたら、私は永遠にここフィリピンでカネ持ちにはなれないのだろう。

もし、カネ持ちになる要素が私にあったとして、カネ持ちになってしまったら、きっとフィリピンにはいないだろう。
私がフィリピンにいる理由の1つとしては、貧乏でカネが無いのに、それでも楽しく生きれそうだというイメージがある。
まぁ、今、カネが無いのにカネ持ちになった時の心配をしても仕方ない。
ただ、楽しく生きたいというのが重要だ。
カネを持っていればデカイ商売を実現出来るし、カネが無くても小さい商売なら出来る。
きっと、動く金額の規模が違うだけで、楽しさは一緒な気がする。

すごく、まわりくどい前フリになったのだけど、日本がスプリングというシーズンである事と関係あるのか分からないけども、フィリピンに移住したい的な相談が何件かあったりする。
ブログに記載している通りなので、私は誰かにアドバイスを頂く事があっても、アドバイスする側ではない。
事前にフィリピンの事を色々と調べたりもせず、犬をフィリピンに連れて行く書類などの調べ物だけで、けっこう大変だったし、不思議と何も知らないクセに何の不安も無く、むしろ根拠の無い希望だけがたっぷりあった。
なんとなく楽しそうだという漠然なイメージしか無かったのだけど、行きつけのフィリピンパブのババエなどに「オレ、フィリピンに住む!」って、突拍子も無く言ったら、結構な数で『ジサツ シニ イクカ⁉︎』って言われたりした。
今となってみれば、こんなユルユルの国で、どうやったら死のうという発想が生まれるか分からないし、危険な目になんか1度だってあった事もない。

たまたま偶然、運良く何も無かったというだけなのかもしれないけど、リスクのパーセンテージなんて、まるっきり関係無い。
全ては運命。
日本に居たって、レイプされたり、強盗にあったり、カミナリで死ぬ人やハチに刺されて死ぬ人だっている。
犯罪件数が日本とは比較にならないほど高いフィリピンにいても、危ない目に合わない人は、何年住んでも危ない目に合わない。
パチンコと一緒だ。
何万円突っ込もうが、当たらない時は当たらない。
500円でも当たる時は当たる。
兵士として戦場に行っても生きて帰ってくる人もたくさんいるし、空襲から逃れた疎開先で死ぬ人もいる。

死ぬ、死なない、危ない、危なくないのリスクは、戦地に行く訳でも無いので、考えても意味がない。
フィリピンに来てからの生活も同様に、暮らしていけるかどうか、カネを作れるかどうか、そんなの誰にも分からない。

私の中では、まさにソレを楽しむべき所と思っている。
危険を楽しむという意味では無い。
自分が何十年か生きてきて培ったトータルのチカラ、運も含めてだけど、それがどうなのかを知る事が出来る。
ただ、単純にリスクを楽しみたいなら、選択する国はフィリピンじゃない。
フィリピンに来たいという人は少なからず日本にイヤ気がさしているのだと思う。
言い換えれば、日本はツマラナイのだ。
楽しく生きたいと思っているならば、ワクワク・ドキドキを日本より何倍も味わえるし、知らない事を知るという意味で知的好奇心を満たす事だって出来る。
絶対に日本で暮らすより何倍も楽しい。
イヤなら、さっさと帰ればいい。
ヨーロッパに挑戦したサッカー選手の様に、日本に負け犬となって戻るのが恥ずかしいなんて思う事も無いだろう。
フィリピンが合わなかったら、タイだって、カンボジアだっていいし、他にも何百と国はある。
自分にあう国を探せば良いだけだ。
外国がイヤなら、日本のミンダナオ、沖縄に行けばいい。
とにかく、今ある生活を捨てて、どこかに行きたいと思っているならば、きっと今がいい。
今、行きたいと思っているのだから!
準備はパスポートだけだ。
日本とフィリピンなんて、2〜3万で行き来できるのだから、日本にあってフィリピンに無いものは、日本に取りに戻ればいい。
たいがいの物はフィリピンの方が安い。
背中を押してほしいのであれば、私が無責任に背中を押そう。

楽しんでムキになって夢中になって色々とやった結果、残るのがカネなのかもしれないし、経験だけかもしれない。
私は瞬間・瞬間に味わう楽しさだけで、けっこう満足している。
だから、何も残らなくて構わない。
多くの人は、それなりの年齢になったら、そんな遠くない将来を心配するのだと思う。
だけど、病気など、日本なら問題なく生きれる状態でも、フィリピンで何かあれば、たぶん生きれない気がする。
だから、老後の心配をしなくても良いんじゃないかと思う。
日本でモヤモヤしているのなんか、時間がもったいない。

私の話しで言うならば、そんなに遠くない、かと言ってスグでは無い、いつかに今の暮らしを終わりにしたいと思っている。
もう1回でも、2回でも、違う人生を楽しみたい。
何度だってゼロから始めてみたい。
フィリピンパブで遊んでる人は変わり者が多いし、カネ持ちが多かったりする。
なので、このブログを読んでいる人に拾ってもらっても楽しそうだ。
まぁ、私のツカエナイっぷりは、ブログ内で披露している通りなので、物好きの人がいるかは分からないけども、チャンスがあればまたゼロからスタートしたい。

あっ、店の話し書くの忘れてしまったけど、土曜日は前日の残り物を販売してみたけど、メシ食う客は誰も来なかったので、自分たちで残飯処理。
100円ショップの物販と、氷とミネラルばかり売って700ペソくらいの売上だった。
平日とは比べものにならないドヒマなのだけど、メシ作って売ってるより確実に利益率が良いので特に何か思う事がなかったりする。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

マニラの繁華街を除いて、田舎に行けば行くほど安全ですね
私自身も危険な目やスリ・強盗などに会ったこともないし、見たこともありません
聞いていたよりも、かなり安全でした
でもジープニーの中で携帯を盗まれたなどの話は聞きます
落とし物や忘れ物は99%帰って来ません
そういう意味では全て自己責任の国ですね
ショルダーも肩ではなく、斜め掛けするようになりました
余談ですが、得意満面のマリザさんの顔も見てみたいですね

Re: No title

>オウンゴール様 コメありです。マリザさんの得意な顔けっこうムカつきますw まぁアウェイですからね。セルジオ越後さんはアウェイで戦ってこそ強くなると言ってましたから、私もちょっとは強くなってるのかな? あはは

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
116位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。