記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹を立てずに、アソコを立てろ! ガリット ティティ カ!?

あまりにも自分の思い通りにならず、幻獣民の皆様に考えるとこから、試してもらうとこから、軌道に乗るまでを丸投げして、私自身はどの場面でタコ焼き爆弾を仕掛けてやろうかと、そのタイミングだけを考えていたのだけど、諸行無常、常に状況は変化していく。

料理作りを志願してきたマリザさんは長時間キッチンに立っていて身体が痛いのだと言う。
期待の新戦力として加入したマリザさんの妹、ロナウジーニョことミナは店に赤ん坊を連れてくるので、基本的に8割〜9割は赤ん坊と戯れているだけ。
昨日も朝の9時に出勤してきて、ディヌグアン(豚の血)というグロテスクな料理を一品作って、実働3時間程度で日給を持って帰る。
マリザさん的には学生に人気があると思えないメニューだと思ったらしいが、ミナは強行でそのメニューを作成し、結果として惨敗に終わった。
助っ人外国人にありがちな、前評判だけで大した活躍もせずにカネだけ持って帰るパターンだ。
売り上げは、上がるどころか下降している。

マリザさんは不安なのだそうだ。
結果的に家賃を1円も作る事が出来ず、作った売上はスタッフ報酬と仕入れに消えていく。
いくら計算出来ないマリザさんでも、利益が出せないどころか経費さえ作れず、労働だけしてカネを垂れ流している状況に危険だと感じたのだろう。
まぁ、現状では客がそれなりに入ったとしても、きっと家賃を作り出す事は出来ないだろう。

私はお店が成功して客が溢れかえりザクザックとカネを稼ぐ方法は知らないし、それがあるならば知ってみたくてお店を始めた。
でも、成功する方法は知らなくても、失敗する方法なら、たくさん知っている。
実際、フィリピンでなくて日本での話だけど、自分が作った店や会社など、つけた名前を覚えている数の方が少ないくらいに、たくさん作っては壊しを繰り返してきた。
文化の違う日本の体験が、そのまんまフィリピンに当てはまるとは思っていないけど、理屈として失敗するようにやっていれば、上手くいかないに決まっている。

お店がうまくいかない1番の問題は、店に脳味噌が複数ある事だ。
そして、その脳味噌が手足の様に労働していること。
店の舵取り役は1人で無ければならない。
一方が右に行くと考えて、一方が左に行くと考えれば、舵をとれない。
普通に考えると、私が司令塔になるのが、シックリくるのだろう。
だけども、私がやる事に不安を感じるのか、不満を持つのか、マリザさんがその役を奪っていく。
実際、私は知らない事が多すぎるし、自分の考えが正しいのかどうかを試行錯誤するので、それを見ていられないのだろう。
お店を始める当初は、自分が思った事を言葉にする能力を持ち合わせていないながら、言い合ったりもしたのだけど、結局お互いに伝わらず疲れるだけなので、私は脳味噌役をおりる。
ならばと、私は色々考えずにただメシを作るだけのシェフとして手足になる役にまわろうとしたけども、それも私がやる!とマリザさんが奪っていった。
料理を作ってるのは楽しいし好きだけども、料理人として生きたいと思っている訳では無いので、その役もアッサリと引き渡してあげた。

全てを担うと自ら志願し、全てに手を出したマリザさんは疲れ果てるまで頑張った。
店をうまくいかせる為に色々と考えたマリザさんは、たくさんの人の意見を聞いて、言われるままにメニューを増やしたり営業時間を動かしていった。
2つの脳味噌でも多いから、私が脳味噌になるのをやめたのに、何も店に関わっていない人の脳味噌までもが店に関与する事になった。
マリザさんは、他人の意見を聞いて、上手に取り捨て出来るタイプじゃない。
全てを受け入れ、そのまんま実践するタイプだ。

何を売りたい店なのか、何で利益を出すのか、何の店なのか、迷走しすぎていて、もはやどうにもならない。
流れるままに流されて、辿りついた先は、誰の意思も介在していない、ただやっているだけの店だ。
店をやったらどうなるのかを知りたかったけど、ちょっとくらい頭の良い人なら、やらなくても分かっていた結果だったのかもしれない。

私は実際にやってみないと分からないタイプなので、事前に結果が予想出来たわけじゃない。
いや、うまくいかないと予想はしていた。
でも、やってみたかった。
フィリピンで長い期間住んだ事がある人ならば理解出来るだろうけど、メシ食って寝るだけの生活は恐ろしくヒマだ。
それが1番カネを使わない方法と知っていても、身体が動く植物人間になってしまった気分になる。
なので、お店をやれた経験は、ただボハーッと過ごしている時間を意味ある時間に変えてくれたし、色々な希望を与えてくれた。

なんか、遺書みたいな、店を閉めるみたいな前フリになってしまっているけど、残念ながらTIME OVERの時がやってきた。
弾切れだ。
貧乏ブログだけど、手持ちのカネについては触れない内容にしてきた。
だから、すごくノンキな感じの内容になっていたと思うけど、ハナっからケツに火がついた状態ではあった。
このブログを読んでいる読者の方にも金銭的に支援してくれた人が複数いて、ブログにカネが無いみたいな内容を書く事で、もっとカネ寄越せと言っている様に思われたくは無かったので、手持ち金について触れてはこなかった。

来月の20日頃にビザが切れるけども、延長せすにいったん日本に帰るしかない。
日本に帰ったからって、着る服さえ持ち合わせていないけども、ここフィリピンで幻獣民の皆さんがやっている事を指をくわえて眺めていても、どうする? どうする? とカネが無い事をせっつかれてイライラするだけと分かっている。

日本で、どうやってカネを作るかは、今から考えるとして、月に5万円くらい送っておけば、家賃も払えるし、犬の面倒くらいは見てもらえるだろう。
店については、幻獣民同士で考えるだろう。
カネを使わずに続けれるのならばお店を開けるだろうし、赤字になるのならばシャッターを下ろしたままにする。
ただ、それだけの話だ。

志半ばというほど、ココロザシを持ってお店をやってきたわけじゃないけども、自分の思った通りにコントロール出来なかったのは残念な部分である。
まぁ、今すぐに日本に帰るわけじゃないので、フィリピンにいる内に色々と試す事はやって、この店を継続していける光がみつけられれば良いなぁとは思っている。

しかし、私の考えもどうすれば良いのか迷走している。
本当は日本には帰りたくない。
犬と住める場所さえあれば、店の中にある全ての物をマリザさんにあげて、ココから出て行ってしまいたい。
合計すれば200サウザンペソを超える商品や内装品があるので、叩き売れば半分とはいかなくても、1割〜2割くらいにはなるのだろう。
マリザさんを放ったらかして出てきてしまっても、感謝してもらう事があっても恨まれる理由は無い。
というか、マリザさんがどう思うかは知らないが、私の気持ち的にココロが痛んだりしない。
だから、ここフィリピンで犬と暮らせる場所があるならば、そこにスグにでも行ってしまいたいと思う。
だけど、現実的には、そんな方法が全く思いつかない。
犬をフィリピンに連れてきた責任として、ワンちゃんだけは日本でカネを作ってでも、生涯を終えるまではメシが食べれる様にしてあげたい。
それ以外の責任は、あったとしても、とるつもりはない。
犬は飼い主に従う以外チョイスが無いけど、人間は考えて自分で人生をチョイス出来るし、人間の人生の責任は本人以外にはとれないと思う。
なので、マリザさんやその家族の責任は私は全く感じないし、かたくなに結婚は拒否してきた。

いちおう、自分では自分を穏やかな人間だと思っていて、フィリピンに来てからは、さらに穏やかになれたと思っている。
そんな私でも、腹がたって、脳から何だか名前の知らないホルモンが流れ出てきて、筋肉がプルプルと震えだすくらいに腹がたったりした事は何度もあったりする。
今日だってそうだ。
私が作ったハムサンドが全て売り切れて、今度はマリザさんが追加で作るという。
ゆで卵を持ってきて「パ アノ?」(どうやって?)と私に聞いてくるマリザさん。
ゆで卵の在庫を捌きたくて、でもゆで卵を均等に綺麗には切れないから、私にどうすればよいかを聞いてきた。
卵の黄身が真ん中で無ければ均等には切れないし、1個の卵をサンドイッチ6人前くらいに振りわけないとならない。
となれば、卵サンドの様に細かく切るしかない。
ただ、以前にタマゴサンドを作ろうと思ったら、現地のマヨネーズが、あまりにも不味くて、出来上がりを食べて吐き出した経験があった。
なので、塩とコショウで味付けをして、マヨネーズはギリギリまで使用を控えてみた。
食べれるというか、これならタマゴサンドとして、いけるかもと思う見栄えとお味に出来上がった。
コレとハムを挟めば、見栄えも味も良いサンドイッチになるはず…
だった。

1時間ほど部屋に戻り店を離れ、再度お店に戻ると何故かサンドイッチは作られていない。
私が作ってあげたタマゴサンドの中身も消えている。
食べちゃったのかな? なんて思いながら、どこにあるか聞いてみると、コレッ と言って容器に入った真白のクリームを渡された。
ナンダ コレ? と私が固まっていると、マリザさんがグスト ジャンティ マダーミン マヨネーズ(学生はマヨネーズたっぷりが好き)とか言っている。
マリザさんは、私が作ったタマゴサンドの中身をたっぷりのマヨネーズで作り直し、マヨネーズにマヨネーズの原料を加えて、タマゴサンドの具材をマヨネーズの一部にしてしまっていた。

マリザさんが自分でやりたいようにやるのなら、私を頼って調理させる必要なんて無かったはず。
そして、そのマヨネーズと化してしまったものが、食べ物のレベルじゃなく非常にマズイ物である事を私は経験済みで知っている。
怒鳴ったり、声を荒げたりする事無く、ただ静かに湧き上がってくる苛立ちを抑えるのにチカラを注ぐ。
コメカミあたりがマンガみたいにピクピクするのを自分でも感じる。
何も言わなくても私の放つ気で、怒っている事をマリザさんも感じ取れたようだ。
ただでさえ腹がたっていて、それをぶちまけない様に必死なのに「ガリット カ?」(あなたは怒っていますか?)と、私を挑発してくるマリザさん。

何も言うまい。
頭にきすぎて、普通の会話が出来る自信は無い。
ただ、やっぱり、この店は完全に私のコントロール下には無いと思い知る。
私はフィリピンを知らないし、マリザさんは日本を知らない。
だからイメージが共有出来ないし、きっと味覚も違うのだろう。
私はマリザさんが作ったマヨネーズにしてしまった物を味見する勇気が無いほどにマズイと思うのだけど、マリザさんや現地人はソレが美味いと思うのだろう。
幻獣民がウマイと思う物にガイジンの私がケチをつけても仕方ない。
ただ、作り上げた物まで、幻獣民に作り直されるのなら、もう私に出来る事は傍観する事か、撤収する事しかない。

一生懸命にムキになって、自分の思い通りに全てをやりたいのであれば怒鳴り散らして、スポンサーは誰だと思っているんだ!とやれば、きっと自分の思い通りにもなるのだろう。
だけど、己以外に何者も信用出来ないフィリピンにおいて、何も知らないクセに誰のチカラも借りずに店を運営するのは不可能だし、チカラを貸してくれる奴がいても、怒鳴り散らしているんじゃ、店の中に敵を作っている様なもの。
マリザさんと意思疎通が取れず、マリザさんをコントロール出来ない私には、自分の思い描く店のカケラさえ作る事が出来ないと分かった。

お店をどうやって何とかするのかを考えるのは、一旦終了して完全にマリザさん任せになる。
私は日本でどうやってカネを作るか考えないと、犬を飢え死にさせてしまう事になる。
さてさて、フィリピン〜日本への片道の飛行機チケットをカード無しで買うには、フィリピンの旅行代理店で購入するしか方法は存在しないのだろうか?

いつもご訪問いただきましてありがとうございます
m(_ _)m
↓↓ 楽しいブログがたくさん紹介されてます!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

//overseas.blogmura.com/philippine/ranking.html
にほんブログ村


写真は我が店に並ぶ料理達。
上段左から、具なしのガーリックチャーハン、ホットドッグ(フランクフルト)、ロンガニッサ(甘いソーセージ)、下段左は、料理の名前は知らない(カボチャと長いインゲンの炒め煮)、チキンアドボ、ニラガ、最後も料理名知らない(ナスを焼いて開いた後にタマゴを塗りつけて揚げた物)
※幻獣民による幻獣民の為の料理で、献立や調理に私は一切関与していない(どこのトロトロにでもある献立なので、一定期間が経過しても何かが起こって客が沢山やってくるという要素は無い)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

フィリピン料理

何度か我慢して食べたことはありますが、美味いもんじゃごさんせんな。P人はバカ舌なのかと思いきや、「あの寿司屋はマズイ」と生意気こいたりするしね。
初めてP国を訪れた印象は「ここはマンガの国か?俺はマンガの中の登場人物か」
リアル吉本新喜劇の国ですけん、怒ったりするのは損なんでせう。

Re: フィリピン料理

>volcano様 コメありです。おっしゃる通り、怒ってもムダと分かっているんですけどね。私のフトコロの浅さというか、ココロの狭さというか、自分を自分でコントロール出来ないのに、フィリピン人のコントロールなんて… 笑うしかないです。あははは

No title

気持ちわかります(笑)
私はセブでサリサリストアを開いたときに同じようにいろいろ考えてでも全然うまくいかなくて
というかうまくいってるのに帳簿が合わなくて、嫁と喧嘩の末このサリサリストアは嫁の家族がやって追加融資はしない
ダメなら廃業という約束でノータッチにしました

ノータッチにしてもう1年たつので商品なんて2~3種類しかなくなってるだろうと思っていたらなんと品ぞろえも外見も素晴らしく進化してて私がやるより良かったんじゃないかと思いましたw

ただ私がやりたかった日本雑貨をフィリピンのサリサリストアで売るというのをできなくて始めた意味はなくなりましたがw

おもろい事してますね

お初です。

鴑田舎での生活ブログ、おもろく拝見させてもらってます。
バクラが出てきたりなんやで、笑い話には最適ですね。
商売的には、原住民相手の10-20ペソの商売とかアホらしいでしょう。
バクラがその後どうなっていくのかが興味があります、続編をよろしく。

知人の痛いオヤジなんですが、フィリピンの嫁親族の為に10ペソ毎月送金しているのが居ます。
日本に帰国されたら、知らんぷりを決め込まれる事をお勧め居ます。

Re: No title

>oomori様 コメントありがとうございます。きっと奥様はヘソクリ作って支援されたんだと思いますw 爪の先に火を灯すかのごとく、牛歩のごとくって感じで、1回イナサルでメシ食って数日分が吹き飛びますからねw

Re: おもろい事してますね

>oyoyo様 コメントありがとうございます。金額が小さいので感覚的には1パチでも打ってる感じですかねw 10ペソ(22円)だと送金出来なそうなので、10万ペソ(22万2000円)ですかね? 痛いっていうより痛々しいほどに献身的ですねw そんな大金送れるなら大したものです。その方が送金されてる家にご厄介になりたいですw

No title

「誰が金出してると思ってるんだ!?」・・・フィリピーナと一緒にいると何度も出てくるセリフですね。怒髪天を貫く勢いで出てきますw

Re: No title

>bom7650様 コメントありがとうございます。貧乏な国の人を捕まえて言うのは恥ずかしいと知っていても、スポンサーへの配慮を微塵も感じれないので、そんな言葉を言わせないでくれとは思いますねw

腹は立てないけれど筆が立つ男

まだ時期尚早な気がしますが他にタマがないならしかたない。このブログ更新の3回に2回は有料まぐまぐ配信にするのはどうでしょう。ワランペラさんは腹は立てないけど筆が立つので20人に1人ぐらい200円ぐらいの有料化ならついてきてくれるのでは?目論見書的な当初目標は読者100人で5000ペソ/月。

Re: 腹は立てないけれど筆が立つ男

>井伊大様 コメありです。私の文章を有料化するのは、かなり気がひけるので、キッパリ言ってしまいますがムリですw 似た様な感じで、マリザさんに文字通り一肌脱いで頂いて、マリザさんのお胸や大事なとこの画像でカネに変えれないかと考えた事はありましたw ただ、それもまたカネ取るってなると、カネ払ってる人に申し訳ないのでw

立てるのは、やっぱ筆でしょ。

残念、有料化はダメですか。私はワランペラさんが21世紀の田山花袋(容姿も似てなくもない)的なドキュメンタリー変態大作家まで進化するんじゃないかと期待しながら毎日楽しませていただいているので無料なのが申し訳ないです。

Re: 立てるのは、やっぱ筆でしょ。

>井伊大様 コメありです。田山花袋という大作家さんを知らないのですが、ドキュメンタリーでカネ取るなら、今の生活じゃ生ぬるいですねw チ◯コ切られるくらいの修羅場無いとですけど、それも二番煎じ・三番煎じですからねw やっぱ無料でいいですw

書き間違いでした

御指摘のとうり10万ペソの間違いです。最近は5万ペソに下げたような?
彼はもう70歳間近ですが、流石に蓄えも底を付いたようでして
また、働き始めているようです。ピーナ嫁を貰うと貧乏神も憑いてくる?

Re: 書き間違いでした

>oyoyo様 コメントありがとうございます。間違いでしたか。10万ペソは凄いですね。10ヶ月で1ミリオン♫ 70間近で日本ではカネで買えないパラダイスの日々を手に入れたのでしょうね。加齢臭か死臭か分からないニオイを放つ老人が娘以下の年齢とイチャイチャする為なら仕方ないですw 男はカネあっても使うとこないですし、日本人の婆さんに使うんじゃ、それこそドブ銭ですからね! 棺桶に片足突っ込んでたら、貧乏神も祟り神も怖くないです! 大枚払ってでも若い子とイチャつくのを私も選びますw

快楽の日々だったら良いのですが

いやいや、その金は嫁になったバツ?の子供や妹家族の為の送金なんですよ。
日本に来ているその嫁もまた夜の仕事に出てるそうです。
知り合いになると、すぐにウータン・ペラとメールが来るとか。
日本で見聞きしているフィリピン人の評判はすこぶる悪いですよ。

私の同居人のフィリピン人家族はcaintaに居ますが、何の商売をやっても途中で投げ出し泣きついてくるので、一昨年12月にもう金を出すことは止め、貸し付けたところ、昨年1月に小さな食堂を始め予想に反し今年になって毎月15,000ペソ返済してくれています。本当は返済金はどうでも良く、これ以上あてにされたら困るので手切れ金のつもりで貸した金でしたが、義母が接客をして義妹は厨房、ランチ時には義弟がバイクで事業所に弁当を配達して珍しくチームワーク良くやっています。特に事業所(工場)への弁当配達は昼休みに外でフラフラされるくらいなら、弁当で儲けて貰って結構との経営者の思惑と利害が一致し1個40ペソ以下であれば自分が食べるんではないので、味は二の次だったみたいで不味い弁当の注文が100個はあるようで驚きました。(笑)今では同じ様に経営者としてはスタッフが外でランチを食べて欲しくないclinicからも出前の注文が来ているみたいで、店内売り上げより出前の売り上げが多いとのことです。何の工夫もない一族だと思っていましたが、人間は経済的に追い詰められると思わぬ一手を考えるもんですわ。従業員達には迷惑な弁当だと思いますが、作業効率優先の経営者と並み以下の料理を捌きたい義母の利害が一致すると分からんもんですね。

Re: 快楽の日々だったら良いのですが

>oyoyo様 コメありです。家族への送金ですか。じゃ、脳味噌が完全にフィリピン仕様にカスタマイズされて、家族への送金マシーンと生きる様に洗脳されちゃったんですかねw 人に頼られるのって大事ですからね! 頑張って長生きして家族を幸せにしてあげてほしいです!

Re: タイトルなし

>兄貴様 コメントありがとうございます。カインタですか? マニラに行く際に通過します! 都会の端っこというイメージですw
弁当で4000ペソは凄いっすね! ウチもそういう何かを幻獣民に期待してるのですが…

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
94位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。