記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国日

フィリピンから日本へ向かう日、ネットも繋がらなければ、移動時間が膨大だったので、いちおう中途半端に作成したものの、作成途中のまま更新出来なかった書きかけがあったので、完成させてみたのが今日の記事。

クリックしてから、続きをお楽しみ頂けると大変ありがたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

久々に都会に出る。
飛行機に乗る為にマニラにお出かけだ。
私はケチんぼなので交通費がもったいないから、マリザさんについてきてもらわなくても良いんだけど空港まで見送ると言って聞かない。

あまり執拗に拒否すると何かあるんじゃないかと疑われて面倒なので、仕方なく許可する。

だいたい、空港で別れる時も、なんかドラマティクなのを期待しているのか分からないんだけども、今生の別れじゃあるまいし、私の方はセンチメンタルな気持ちを持ち合わせていないので、どんな顔して離れれば良いのか面倒くさい。

別れギワがアッサリしてると冷たい人って思われそうだ。
卒業式で泣かないと冷たい人って言われるのは何ら問題ないけど、親身にお世話してもらっている身としては、冷たい人だと思われると今後の生き方に影響を与える。
人情味溢れるタイプじゃないから、そんな風に思わせる必要はないけど、マイナスのイメージを与えたくは無い。

色々考えると面倒くさいなぁと思っていたら、私と入れ替わりにやってくるハズだったマリザさんの長女ベイアちゃんが、台風の影響でやってくる日程がズレこみ、私に渡航日当日にインファンタにやってくる事となり、色々と検討するとマリザさんがついて来るとお金的に多大な損失が発生しそうなので、急遽1人で空港に向かう事となった。

なんだか、監視の目が無くなるとワクワクする。

午前11時に家を出る。
マニラ行きのバンが発車するターミナルに行く。
待合場所には人が溢れている。

これなら、車が来れば定員に達し、スグに発車しそうだ。

待合で待っていると乗りたい人がバンバンやってくる。
クルマに乗れる定員を大きく超えるほどに客が待っている。
だけども、誰も待っている客の管理をしていないから、誰から誰までが順番として乗れるか分からない。

私より後にやってきた人でも乗れるかのしれないし、私より先に待っていても乗れないかもしれない。
誰が乗るかは先着順であると私は勝手に思っていたけども、それを管理してる人がいないという事は、先着順じゃないかもしれない。

バンがやってきた時に、強引に席を確保出来た順で乗れる人が決まるかもしれない。
私は人が群がっている中で、人を押しのけて前に出れるという精神力を持ち合わせてはいない。
だから、待っていて、バンが到着しても、クルマに乗る事が出来ないかもしれないわけだ。

というより、肝心要のバンがやってくる気配を見せない。
マリザさんに聞きに行かせるが、バンがいつやってくるのか、やってこないのか、それは誰も知らないと言う。
夕方や夜まで待つかもしれないという事だ。
そんな時間から出発されたら、確実に飛行機に乗り遅れてしまう。

来るのか、来ないのか、来ても乗れるか、乗れないのか、誰にも何も分からない。
バンを待つのは諦めた。

バス乗り場に行く、バスはたまげるほどに遅い。
だから乗りたくなかったのだけど、こちらは出発時刻が決まっていた。

13時30に出発すると言う。
ノンキに走って仮に6時間かかったとしても、飛行機には間に合いそうなのでバスに乗り込む。

13時30に定刻通りに出発する。
道中、客を拾いながら走行する。
20時過ぎ、ようやくサンパロックのバスターミナルに到着する。

周りの風景は知っている様な、知らない様な、見た事あるような、無い様な。
そこから適当な勘で歩いてリガルタの駅を目指す。

強い雨が降る中、適当に歩いた割には、10分ほど歩いたら駅をみつけた。
さすがオレ!
夜、雨、飛行機の時間というハンデやプレッシャーに打ち勝ち、無駄にタクシー代を使わず駅に辿り着く。

LRTのline2は、初めて乗るのでワクワクする。
これで、MRT、LRT(line1)、LRT(line2)とフィリピンに走る全ての電車を制覇した。
ぜんぜん、電車好きじゃないけど、なんか嬉しい。


バクラランの駅に下りる。
この時、21時30分。
12時40分発のフライトまで3時間ある。
深夜の空港は混み合う事が無いので、90分前に空港に到着すれば十分。
さぁ、メシを食おうと、チャリンコのトライシクルを見つけ、レストラン行くからと言って、右行け、左行けと指示しながらチャリンコをこがせる。

21:30という微妙な時間だからなのか、ちょっと入る気にならないジョリビなどしか営業している店が無い。
チャリンコの運転手は、ヘェヘェ疲れながら、まだか? まだか? と聞いてくる。
やけにヘコタレルのが早い。

チャリンコを走らせる事15分。
ローカルのKTVがあったので、そこで降ろしてもらう。
金額は聞かずに、持っていた少額ペソ合計80ペソを握らせ、有無を言わさず会計を終了させる。
いくらだと聞けば、少なくとも100〜150ペソは請求してくるだろうけど、20ペソが4枚あったので、まるでお札たっぷりみたいな感じに丸めて握らせてやったので、特に意義を唱えては来なかった。

KTVに顔を出して、メシは食えるか?と聞いて回る。
ノーブラ、ノーパンで、150ペソだけでオンナが食えると、意味不明な口説き文句の店をやり過ごし、地元客が2人だけ入ってたローカルKTVに入ってみる。
急いで、ご飯とオカズを作れと指示する。
酒を飲んでほしそうだったので、サンミゲルライトと頼んだら、勝手にアップル味を持ってくる。

愛想の良い呼び込みをしたり、スタッフに指示を出すお姉ちゃんは席につかず、デブデブした暗いお姉ちゃんが私の席に座る。
心の中では、この子が隣に座るなら1人ぼっちでも構わないと思ったりするけど、もちろんイヤな顔を見せる事も無く最低限の愛想をふりまく。

一杯飲ませろ!
と言うので、心の中では、嫌なこったと悪態ついてるけど、1杯だけねと奢ってあげる。
ご飯が出てくるまで、酒を飲んだり、オンナとどうでもいい話しをしたり、カラオケを歌いながら待つ。

デブデブしたお姉ちゃんが、私の恋人になりたいと立候補してくれる。
ありがとう。
お世辞でもそう言ってもらえると、1杯おごってあげた甲斐があるってものだ。

今日会ったばかりでしょ!
なーんて、ツマンナイ返しをするオンナより100倍カワイイ。
客を捕まえようと、クチから出まかせを言ってでも必死になるべきと思う。

デブデブした暗いオンナのクセに、色々と人の体をいじくりまわしてくる。
だけども、触り方がガサツだ。

容姿に関わらず、乱暴に他人の身体を触って、それで相手が気持ち良がっていると勘違いするオンナは苦手。
私の大事な部分を強く握りしめて乱暴にシゴいたので彼女は落第だ。

もう1杯飲んで良いかと聞くので、バテバテが痛かったからダメと言ってあげる。

やけにチン子を触りたがるオンナで、こうか? こうか? と短パンの中に手を入れて生で触ってる。

もっと、優しくとレッスンをする私。
チン子さんをいじくりまわしていると、メシがやってきた。

メシをダッシュで食って、すぐお会計してくれと頼む。
700ペソ(1540円)くらいのお会計だった。
勝手にチョイスされたオカズは唐揚げだった。
唐揚げご飯としては非常に高いけど、ゴハンが出来上がるまで生チン子をいじくりまわしてくれる食堂みたいなので高額でも致し方ない。

一体、何の店か良く分からなかったけど、特に何か思ったり、深く考える事もなく、空港に辿り着く。

アクションさえ起こせば、何かドラマが生まれる素敵な国フィリピン。
フィリピンを離れるのは、非常に残念だ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

私は気が弱いので、モミモミされたら
「立て、立つんだ、ジョー!」って
念仏を唱えます
でも、これで飛行機に乗り遅れたらもっと笑えたのに
残念!
日本までは4時間半なので、深夜便とはいってもロクに寝られないですね

Re: No title

>オウンゴール様 コメありです。飛行機乗り遅れず良かったです! 乗り遅れると人生が変わっちゃうかもですからねw

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
105位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。