記事一覧

日本に戻ったら、すぐに暗いウジウジ君に戻った!

子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

孔子の論語。
有名なやつ。

自分に当てはめてみた。
オレいわく
15にして学を修了し、社会に立つ。
20にして所帯を持ちカネを追いかける。
25にして家長が務まらず野にくだる。
30にして数年で作った億のカネを使い果たし再び野にくだる。
40を過ぎて生き方に迷う。
45にして立たず。
50で天から授かった命が終了すると予測する。
60でも間違って生きてたら、何も見えず、立つ足も無く、尿も出せない。
70でも間違って生きてたら、神様が与えた罰と受け止めて、死ぬ事をも諦めよう。

論語に対して、私のは戯言にもならない。
まぁ、私の能力ではこんなものだ。


最近、ブログ更新をしていない。
ブログはフィリピン滞在記なので、日本滞在中は書く事が無くなってしまう。
というブログを更新しない言い訳。

いちおう書いたりはしている。
なぜなら、ただ1日中、部屋の中で寝ているだけだから。
でも、出来上がった後に読んでみると、ヘドが出るほどにツマンナかったりする。
ツマらないブログは、部屋の床に落ちている陰毛くらい迷惑だ。
と思い消去してしまう。

今、書いているこのブログも掲載される事になるかは分からない。
だけど、クセみたいな、世の中の人が携帯いじってゲームしているみたいな、ツムツムとかモンストみたいな感じで時間潰しにブログを書いている。


クリックしてから、続きをお楽しみ頂けると大変ありがたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


日本に私のほんの少しばかりの荷物が置いてある場所がある。
そこはお店になっている。
働く人がいて、客が来るから、店なのだけど、外観的にはとても店に使える場所じゃない。
星飛雄馬が住んでいた様な平屋の木造の民家だ。
私はこの店を作ってフィリピンに行ったのだけど、管理運営は全て任せたまま放置して出てきた。

そんな、店の形態をしていない店に、面接が来るというので、1年ぶりに面接してみる事にした。

応募のメールが来た段階で、ダメかな? と思う。
自分の記憶の中では、実際に働く人は電話をしてくる。

やりとりをしていると応募者が自分で設定した面接日時を翌日に変えてくる。
メールで色々と質問をしてくる。

自分で決めた約束を自分で守れなかったり、色々と面倒くさがってメールで質問してくる奴は、だいたい働かない。

そんなやりとりをしながら当日になる。
来ないかと思っていたのだけど、面接の人はやって来た。
時間通りにやってきた。

面接の子が時間通りにやってきたのには仕掛けがある。
仕掛けと言っても、何かをしたわけでは無い。
その逆、何もしていない。
約束の日時なのに何も準備していないと面接はやってくる。
準備万端でいると面接者はやってこない。

教えられた住所にナビ見て来たんですけど、お店がありません。

と電話口で言っている。

そりゃそうだ。
店じゃないのだから、外観で店だと分かってやってきたら、大したものだけど、そんなわけが無い。

寝起きのボサボサした頭で、Tシャツと短パンで無精ヒゲを生やして、寝起きの蛭子さんみたいなままに登場する私。

汚いオジさんを見て驚いたのか
私、面接に来たんですけど…
とか言ってる。

ダメだこりゃ。
不快感がモロに顔に出てる。

民家みたいな所から、小汚いオジさんが出てきたら驚くのも無理は無いが、その程度では動じないオンナじゃないと働けない。

いちおう中に入れて話しを聞いてあげる。
施術スペースを見せてやろうとしたらビビって中に入って来ない。

待機室に使ってる部屋で話しを聞く。
保育園で働いていて、もうすぐ契約が切れるから次の仕事場を探しているのだとか。
朝の8時とか9時から夕方の5時か6時くらいまで働ける仕事が希望と言う。

やっぱり、こんなオンナの為に準備しなくて正解だ。
店まで来たから会ってやったけど、普通の仕事を求めている様だが、頭の中身は普通じゃない。

お店の募集要項にはリラクゼーションサロンのセラピスト募集と出ている。
朝8時から夕方5時までのマッサージ屋が存在しない事も想像出来ない。

朝から夕方までの仕事は、その多くが普通の仕事だ。
だけど、ウチのお店は、履歴書不要になっている。
そんな普通の仕事は存在しない。
だいたい、応募のメールだって、名前しか書いていない。
名前だけのメールに対して、応募なのだろうと察して、丁寧な返信メールをして、面接にまで至っている。

さらに言えば、時給欄は3000円〜6000円の業務委託、全額日払いと書いてある。
すごく普通じゃ無い部分がアピールポイントのお仕事な訳だ。

そんな普通じゃ無い仕事場だからこそ、名前しか書いていないメールを送りつけてきても親切丁寧に対応してあげている。
仮に、ウチの店が、そいつが望む、朝から夕方までの勤務時間のオフィスの様な仕事場ならば

①自分で決めた面接の日時を守れずに変更が相手方にどういう印象を与えるのか?

②面接にあたって履歴書も持っていないのに、どうやって選考するのか?

③電話の1本を入れる事もなく、自分の名前を記入したメールを送りつけて応募したと考えていたのか?

④そもそも携帯番号しか掲載されていない応募連絡先を普通の仕事場と思ったのか?

⑤未経験者大歓迎!時給3000円〜6000円と募集要項に書いてあるのか?

などなど、突っ込みどころ満載なのだけど、ウチでお仕事する人には、その様な常識など求めていないので、目をつぶっているわけだ。

そこに世の中の普通を持ち込んで、今起きたみたいな小汚いオジさんが面接しますよって出てきたからと言って、何か驚く事があるのだろうか?
むしろ、しっくり来る光景とさえ思うのだけど、アハハと笑える器量や経験値が足りないのだろう。

そんなわけで、1年ぶりにした面接は瞬殺で終わった。

応募してきたオンナは
従業員は何人くらいいるのか?
などと、どうでもいい質問をしてきたけど、そんなのには答えてあげない。

仕事場は学校じゃ無いから、他の人は関係ない。
最初に聞く質問は
一体1日いくら稼げるのか?
に決まっている。
今まで眉間にシワを寄せていたのに、何か質問するフリなんてしなくて良い。

ちょっと、違うなぁと思ったんでしょ?
帰ろうか?
と、質問に答えず、外に追い出す。
カネにならない奴なんて、世間話する1秒さえも一緒にいたくない。

頑張って、どうにか話して、ひっくり返しでも使いたいと思うほどのオンナなら頑張って話すかもしれないけど、全く良いところが無かった。

やっぱり思う。
日本って病む。
フィリピン人なら、常識無くても当たり前だし、コチラが常識外れでも誰も気にもとめない。
相手がどう思っているか、どう考えるかなんて気にもとめない。

日本では頭のオカしいオジさんになっても、フィリピンでは普通の人になってしまう。

世の中なんて何も知らない水槽に泳いでいるメダカみたいな小娘に、気持ち悪がられるのは一向に構わないのだけど、自分の事はさておき私だけがキチガイと思われるのは心外だ。
だけども、普通の人なんて、だいたいそんなのだ。

常識知らないのに常識とか言う人
普通が何か知らないのに普通を求める人
自分もやってるのに、他人は責める人
みんな死ねばいいのに
ニホンシネ



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

昨日からの大雨で、ケソン、ラグナ、マニラはあちこちで洪水です
インファンタ大丈夫かな?

Re: タイトルなし

>オウンゴール様 コメありです。一昨日あたりから連日強い雨みたいですけど今のとこ問題無さそうです!

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
34位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR