記事一覧

真水の滝修行から脱出できるか2017

誰かのブログを見た時に書いてあった。
自分が誰かに損をさせられた時、その人を追い詰める為に自分から近寄ってはいけない。
自分にとって良くない人が離れていってくれて、さらに相手側が気まずい思いを嫌って、自分を避けてくれているのならば、自然と自分の周りに、自分を損させる人がいなくなる。
みたいな話しだ。
ようはカネを貸して、借りた人が逃げ回ってカネが返って来ないなら、追いかけて追求しないほうがいい。
って話しが書いてあって、ナルホドなぁって感心した記憶がある。

アパートの同居人マリザさんの妹は徒歩10分ほどの場所に住んでいる。
たぶんマリザさんは、それがあって、今住んでいるアパートを選んだのだと思う。
その妹の旦那さん。
マリザの義理の弟になる人が、現在のアパートに移り住む時に、夜逃げ的な引っ越しを手伝ってくれたのだが、引っ越してきた当初は、ちょいちょいアパートに遊びにきていた。
アパートのコンクリートの壁に穴を開ける様な大工仕事などを小銭で引き受けてくれていた
たしか… 名前はドゥッツみたいな名前だ。
ツバを飛ばしそうな厄介な名前だ。
どこのドゥッツよ(どこのどいつよ)みたいな感じで覚えた。
その義理の弟ドゥッツさん、アパートに越してきて、しばらくした頃、時期はまだ11月の20日前後だと思う。
風呂にヒーターを入れないかと提案してきた。
このクソがつくほど暑い南国でヒーターなんているわけねーだろ!
って思ったが、そうではなくて、風呂でお湯を出す湯沸かし装置をヒーターと言っていた。
まだまだフィリピンに身体が慣れていなかった私は1〜2時間おきに、汗を流す為に真水を修行僧の様にかぶっていて、その度に心臓が止まるんじゃないかと思っていたので、少しでも温かいお湯が出るならとSMデパートで購入工事をする半値以下だった事もあり快諾した。
その日の内に4000ペソをドゥッツに渡した。

数日たつとドゥッツはヒーターを持って現れ、ゴソゴソと工事を始めたが、何だか部品が無いからと言って工事を中止した。
その部品を翌日に私は買いに行かされた。
部品を揃えたものの、タクシー運転手の仕事でドゥッツが次来れるのは数日後だと言う。

結局1週間後くらいにドゥッツはやってきて、ちょっと作業をしたら、また他に足りない部品があると言う。
何度も買いに行かされるのが気にいらないものの、文句をつけれる様な会話レベルに達していない私は黙って承諾する。
ただ、私は露骨な不快感が顔に出てしまうタイプだ。
イラついた私の表情を読みとったドゥッツは、次の部品が用意出来れば、その日からお湯が出るから!
と、何度も部品を買いに行かされる私を励ましていた。

そして翌日、買い物に行って、必要な部品を買った。
部品を揃えた頃にドゥッツがやってきて、工事をする話しだったのだが、仕事が忙しいとかでドゥッツはやって来なかった。
何度か予定日を約束するものの、こちらは他の予定を入れず待っているが、何度となくその約束を破られ無駄な日を過ごした。

何度目かの約束の日にドゥッツは、どっかのオジサンを従えやってきた。
ようやく全ての工事が終わった。
その日、同居人マリザは、どこかに出かけていた。
出かける前にマリザは私に工事費としてチップを500ペソほどドゥッツにあげてほしいと言って出かけていった。
私はその作業途中ヘェヘェ疲れているドゥッツのパワーが出る様に、マリザに言われていた500ペソをドゥッツに渡した。
彼は満面の笑みですぐに作業を再開していた。
そんな、こんなを経てようやく取り付けられたヒーターだが、ヒーター代を渡してから3週間経過していた。
クリスマス前につけば良いと思っていたので、予想外に期間がかかったが、お預けをくらった期間が長い分、喜びもひとしおだ。
得意げにドゥッツが私に使い方を教える。
コンセントを入れて、電源ONのランプが点くから、水が出る部分のレバーを回せば…
ちょっとお湯が出るのに時間がかかるが…
お湯は出ない。

ドゥッツは汗を拭きながら説明書を読みだした。
結局、ドゥッツはヒューズが切れていると言って、ヒューズを持って帰ってしまった。

「お湯は出る様になった?」とマリザがアパートに帰ってきた。
聞いてないの? って意地悪な答え方をする私。
マリザがヒーターをいじくり、お湯が出ないのを確認すると、珍しく温厚なマリザがキレだした。
私におカネ、チップはドゥッツに渡したのか? と聞いてきた。
あなたが渡してって言うから、渡したよと答える私。
お湯でないのに500ペソ渡したのかとキレ気味に再度私に問うマリザ。
なぜ私にキレる? と苛立ちを全面に放ちながらも
エーワン ユアシスター アサワ ディバ?(知らないよ あなたの妹の旦那さんでしょ?)
ってくらいしか言えない私。

マリザは妹に電話して吠えまくっていた。
いつもは内気で気弱なマリザだが、身内には偉そうな態度を見せる。

人はお湯が出ないというだけで、こんなにも心を乱されるんだと初めて知った日だった。
翌日にドゥッツは、朝早くからヒューズを持って現れた。
マリザの妹は見た感じ凶暴そうなので、きっとコテンパンに言われたのだろう。
ヒューズを交換して水を出してみる。
やはりというべきかお湯は出ない。
3日間で治るからと言ってドゥッツはヒーターごと持って帰った。
12月半ばの出来事だったと思う。

冒頭に書いた誰か知らない人のありがたい教えの通り、その後追求することもなく、私は沈黙を守っている。
フィリピンに訪れた時から欠かす事なく、真水を頭からかぶり修行を続けている。
ありがたい教えの通り、ドゥッツは私の前に姿を現さない。
たまたま偶然会った時は、すごく気まずそうだった。

そんなドゥッツが、ついに来週ヒーターを取り付けに来ると連絡してきたそうだ。
彼は自分から言いだした約束を守れるだろうか、そしてお湯は出るのだろうか?
ドゥッツはきっと来ないと思った方はコチラをポチッと、ドゥッツは来るかもしれないけどお湯は出ないよと思った方はコチラをポチッと 押してみて下さいね。
こちらは工事中のままの修行の場

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ピリピンタイム

日本でなら2-3日で終わる工事ですね。
ピリピンだから~、3ヶ月ですか。笑

そういや、向こうに料理のレシピを送れと言っていたが
3ヶ月経っても送ってこないようです。国が発展しないはずだ。

Re: ピリピンタイム

時間に終われなくて良いって思うしかないですね。
私もフィリピン人と同等以下のレベルなんで、きっと水があうんでしょうねw
ノンビリやりますよ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
43位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR