記事一覧

リアル・メーテルはフィリピーナ①

銀河鉄道999というアニメはご存知だろうか?
ざっくりと内容を言うと、哲郎という男の子が機械の体を手に入れる星を求めて旅する物語。
人間であれば、ご飯を食べたり、水を飲んだり、病気をしたり、暑いだの、寒いだの、いちいちカネがかかり、貧乏でも対応しなければ命のキケンに関わる。機械の体を手に入れれば、食べなくても、仕事をしなくても死にはしない。だからこそ、機械の身体を手にしたいと考えたのだろう。その考えはまだ幼い哲郎を育てる母親によるものだが、哲郎もまたその考えが正しいと思っていた。
母親と哲郎の2人で機械の体を無料でくれる星に行く為、その星に行く為の銀河鉄道に乗るパスポートを手にしようと親子でカネを稼ぐ。お金も貯まり、これから銀河鉄道に乗車しようと向かう道中に、機械伯爵による人間狩りにあい、母親は殺され剥製にされてしまう。
リベンジを決意する哲郎に力を貸すのに現れたのがメーテルと名乗る母親に似た美しい女性だった。
リベンジを果たした哲郎に、一緒に旅をしてくれるならば、機械の身体を無料で提供してくれる星に行けるパスポートをあげても構わないとメーテルは持ちかける。
タイミングといい、条件といい、ずいぶんとムシの良すぎる気持ち悪い話しではあるが、何も失う物もない哲郎少年には、例えどんなリスクがあっても断る理由など無く、メーテルと長い旅が始まる。
といった感じで始まる物語だ。

この私がまだ小学生の頃に見ていたアニメを思い返したのは、私がフィリピンという国に来たのと、どこか重なると思う部分があったからだ。
フィリピンに来るキッカケを考えると20年以上も前に布石となる出来事があった。私がまだ20歳になるかどうかという年頃。当時は“じゃぱゆきさん”なんて言葉があったけども、たくさんの東南アジア系の外国人がバブリーな日本に出稼ぎに来ていた。中でもフィリピン人は、すごい数が流れ込んできていて、世界中から日本は人身売買をしているなんて指摘されたものだから、現在の様に規制が厳しくなったわけだ。
話を戻すけど、そのたくさんのフィリピン人が来ている中でも、私はフィリピンのオカマが働くコミックパブと言われるオモシロ系の飲み屋に出入りするようになった。私は当時カラオケ機器を扱うメーカーで営業として働いており、そのお客さんに一緒に行こうと誘われたのがキッカケだ。
若い私には遊びに行くお金なんて持ち合わせていなかったが、2時間3000円という破格の低価格だっただけに、貧乏な私でも手軽に遊びに行く事が出来た。
お酒を飲む場となると、お金の無かった私は自分で飲みに行く事など出来ず、上司に誘われ愚痴や説教とがセットになっていて、すごくツマラナイ思い出しかない。
ただ、自分のカネで飲む酒の場が、こんなにも楽しいかと、その楽しさとオカマのエンターテインメントに酔い、どっぷりとハマっていった。
その時に仲良くなったオカマが、今思えばフィリピン人に対して良い印象を抱くキッカケだった。そのオカマとは、いつからか一緒に住むようにもなり、さすがに体の関係は無かったのだが、まさに至れり尽くせりの過去自分が味わった事のないお世話をやいてもらった。
店から店へと渡り鳥の様に飛び回るオカマちゃんとの楽しい時間は長く続かなかったが、今現在お付き合いしたどの女性よりも、強く良い印象だけを残しているのは、なんとも複雑な気持ちだ。

犬のゴハンをあげる時間になったので、また続きは次回で…

にほんブログ村 マニラ情報

関連記事
スポンサーサイト

コメント

商才お見受けしまして

フィリピンで日本人向け、海外旅行者向け
エステをやってみてはいかかでしょうか?

Re: 商才お見受けしまして

> フィリピンで日本人向け、海外旅行者向け
> エステをやってみてはいかかでしょうか?
ありがとうございます
やってみますね

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
15位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR