記事一覧

人生には4つめの坂が存在するとか

人生には3つの坂があると言いますが、私には4つめの坂が存在するのでジェットコースターの様に登ったり下りたり忙しい人生になっています。
結婚式でスピーチをする予定がある人は、私の堕落した人生を教訓にお話をして頂くと、起伏の少ない人生を歩めるかもしれないと説いてあげてください。
上り坂、下り坂については、人生良い時もあれば、悪い時もあるという事ですね。
3つ目の坂は、まさか。
想定外の出来事があるので、結婚した方は、2人でその坂も乗り越えて下さいという、おやじのだじゃれをもっともらしくしたお話ですよね。
私だけに存在するのかは知らないですが、努力をしない人間におとずれる4つ目の坂は、やぶさかです。
よく使われる“やぶさかではない”という言葉。
努力を惜しまないという時に使われますが、私は極力努力を惜しんで生きてきたので、やぶさかという急勾配な坂が登場してきます。
だいたい“やぶ”なんて言葉がつくものに良い物はありません。
“やぶから棒”だとか“やぶ蚊”、“やぶ蛇”、“やぶ蕎麦(だいたい美味しくない)”、やぶさかはヤブにある坂じゃねーんだよなんて思う方もいるだろう。
だけど、まさかだって、マアジみたいにアジの種類って事ではなく、まさかで1つの単語なので、ここにダジャレとも言える“やぶさか”が入ってきても問題はないだろう。
何が言いたいのかって話だけど、上り坂、下り坂、まさか、ここまでは大なり小なり誰にでも訪れる訳だけど、しなきゃいけない努力を惜しむと“やぶさか”っていう厄介な坂が現れるぞってお話し。

さて、話は変わるけど、昨日は渡航証明書というのを頂こうと準備していたのだけど、アパートの同居人マリザさんがチンタラして腹をたてた私。
私がだらしなく大事なパスポートを失くして、その尻拭いを手伝ってもらう立場だから、黙ってずっと耐えていた。
朝11時を過ぎてからノンキに起きてきて、まずはコーヒーとパンで朝食。
私も朝食をすませた後に犬の散歩をする。
散歩をした後にシャワーを浴びてブログなどを更新する。
アパートの同居人マリザさんは、今度はランチを作っている。
ミルクフィッシュと言われる魚のシニガンスープを作っていた。
できたらシニガンスープとライスのランチを食べる。
とりあえず暑いので、私はまたも水浴びをする。
マリザさんはyoutubeのオモシロハプニング動画を見てゲラゲラ笑ってやがる。
もう、我慢がならんとシビレを切らして彼女に尋ねる。
プンタ タヨ? 一緒にいくの?
マリザの答えはシェンプレ! もちろん!
そうなんだと思いながら、3度目の水浴びをして着替えをしながら、無言でマリザさんに無言のプレッシャーをかける私。
あからさまな私のプレッシャーに、ようやく出発準備にとりかかるマリザさん。
シャワーを終えて、だいぶ時間がたっても、なかなか準備が進まないマリザさん。
イライラが頂点に達した私は、キレぎみにマリザさんに文句を言う。
2:30ナウ! ジャパン エンパシー 4:30クローズ!
なんかゴチャゴチャと言い訳していたけど、ようやく出発。

まずは家から1番近い警察署に行ってみる。
これでもかと鼻毛の飛び出た警察官が、シティホールに行けと指示する。
ラスピーニャスのシティホールは、うちからまぁまぁ遠い。
私のアパートは、住所こそラスピーニャスだが、ほぼパラニャーケに位置しているので約30分かかった。
シティホールに着いたら警察に作ってもらう内容を昔のタイプライターで書面にしている係りの人がいて、警察に言う内容を書面にするという絶対に必要の無さそうな一手間をかけさせる。
ここでも何人か並んでいたので、順番が早くならないかと言って、案内係りに20ペソを掴ませてみる。
5人くらい並んでいた順番を繰り上げてくれた。
20ペソでも効果があるのだと感心する。
タイプライティング料金を150ペソ支払う。

次にシティホール内にある警察署に向かう。
そこで、ポリスリポートを作成。
ワードで作られた雛形があって、そこに私の住所や名前を入れていくだけで、すぐに出来上がる。
出来上がったけど、すぐに渡してくれない。
書類を作成した警察官は私にステイヒアと言って、マリザさんを廊下に連れ出し、何やら話していた。
帰ってきたマリザさんは、ポリスに200ペソ支払ってと言う。
そんなこと、裏でコソコソ言わないで直接言えば良いのだろうけど、だいたい支払う必要のないカネの相談をする時は、私じゃなくマリザさんと交渉するフィリピン人が多い。
ポリスレポートに200ペソを支払う。

この時点で15時45分。
パサイの日本大使館が受付16:30までを考えるとギリギリだ。
とりあえずマニラ方面に行くバスが通ったので飛び乗る。
日本大使館前も通過するようだった。
フィリピンのバスは、まるでタクシーの様に客を探しながらチンタラ走る。
ジープとの違いはエアコンがあるかないか、それとケツの痛さが違うというだけで、スピードやコマメに乗り降りする乗客がいるのは変わらない。
このバスに支払った料金が2人分で54ペソ。
16時20分に日本大使館前に到着。
ギリギリで滑り込む。
日本人が日本語で対応してくれる。
まずは私が持っている書類を確認して、その後に記入の必要な書類を渡してくれる。
そして、写真を2枚買って再度訪れるように指示。
今日はもうダメですよという事らしい。
もし、遠くから来ている人でも、同じ様に対応するのかは知らないけど、日本だろうと外国だろうと役人は役人という感じ。
大使館近くで写真を撮影する。
パスポート用の写真が150ペソ
パラニャーケでジープを捕まえ帰宅する。
ジープ代が2人分で24ペソ。

時系列で書いたが、パスポートを失くすと、こうして1日を無駄にし、小銭がチョコチョコ消えるというのが分かった。
明日も日本大使館に行くのだが、いくらか費用を請求されるのだろうか?
カネを持ってこいとは言われなかったのだけど…

ちょっと面白かったのが、大使館から似た様な書類を何枚ももらったのだけど、その内の1つが誓約書になっていて、必ず謄本をフィリピン大使館に送るという内容の誓約書。
送らなかったらどうなるとも書いていないので、きっと処罰などは無いのだろう。
だけども罰則が無いとなれば、誰も謄本なんて送らないだろうから、誓約書を書かせるのだろう。
エアメールを送った事無いけど、40円くらいの安い切手で送ったら、未払い分は受け取り側が支払って受け取るのだろうか? なんて考えていた。
封筒に謄本在中と書いてあれば、誓約書を書かせるくらいだから受け取りを拒否はしないだろう。
後日に不足分の郵便代の請求が来るのだろうか?
エアメールを使って?
せっかくだから試してみよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

バクラーランを走るジープニーの中から写真撮ってみました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

面白い発想

4つの坂ですか、「やぶさか」。。。 面白い発想ですね。 ご存知の通りこの比国では自分の事以外大事ではないので予定管理は全て自己責任で。 そして「当てにしない」事が一番重要。 しかし、自分の夫でも恋人でもないとチップの請求も回避しない。。。 ま、これも「当てにしない」精神で割り切るしかないですね。

Re: 面白い発想

>ちょっと様 いつもコメありです。だいたいマリザさんいても日本語出来ないので通訳にならないので、1人でいるのと全く変わらず、今では掃除and飯炊き係でしかないです。私がフィリピンにいれない間、ワンちゃんを殺さない様に面倒見てくれれば、十分に役に立ってるろは思えますけど。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事一覧

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
25位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

プロフィール

walangpela

Author:walangpela
walang pela na ako ワタシ オカネ ナイヨ
kawawa naman na ako ワタシ スゴイ カワイソウ
きっとそんな感じの内容のBLOGになると思いますが
どうなっていくのかは知らないです
hindy ko alarm ワタシ シラナイヨ

QRコード

QR